1. TOP
  2. 飼育
  3. しつけ
  4. 犬がオムツを嫌がる原因やトレーニング方法について

犬がオムツを嫌がる原因やトレーニング方法について

しつけ 飼育
この記事は約 6 分で読めます。
犬 オムツ 嫌がる

シニア犬などを中心にオムツをつけることがあります。

飼い主の負担を軽減させるメリットがある犬用のオムツですが、犬によってはオムツを嫌がることも。なぜ嫌がるのか、嫌がる原因についてやトイレトレーニングについて紹介していきます。


犬にオムツをつける理由やメリット

犬 オムツ メリット

犬のオムツをつける理由についてですが、つける犬の年齢や環境によって異なります。

犬にオムツを付けるケースは、

・シニア犬
・メスのヒート期
・ドックランやドックカフェなど

となります。

それぞれの理由についてみていくと、

・シニア犬

シニア犬になると足腰が弱くなります。

足腰が弱くなると自力でトイレに行くことが困難になります。

さらに筋肉が弱ってくるため膀胱の筋肉も弱ってきます。

膀胱の筋肉が弱くなると粗相してしまう可能性が高くなるため、シニア犬にオムツをつけることが多いです。

犬の粗相の片づけをするのは飼い主さんの負担になりますし、犬にもプライドがあるため粗相してしまったということで落ち込んでしまう子もいます。

飼い主さんの負担と犬のプライドを傷つけないためにオムツをつけるのです。

・メスのヒート期

ヒートとは人間の女性で言うところの生理です。

人間は生理中に漏れないようにナプキンを着用します。

それと同じように犬にはオムツをつけるのです。

オムツをつけることで出血が漏れないようにしています

・マナーとして

ドックランやドックカフェなど他の犬もたくさん集まる場所でマーキングをしないようにという理由でオムツをつけるケースも多いです。

ドックランやドックカフェによってはオムツを着用しないと利用できないという場合もあります。

このような理由から犬にオムツをつけています。

犬にオムツをつけることのメリットは、

・部屋の中や体が汚れない
・飼い主の負担が軽減される
・お出かけしやすい
・他の犬と交尾させない

といったメリットがあります。

スポンサードリンク

犬がオムツを嫌がる理由は一体何!?

犬 オムツ 理由

犬がオムツをつけることを嫌がる理由ですが、生まれた時からオムツをつけていれば別ですがこれまでオムツをつけていなかった場合、違和感からオムツを嫌がることが多いようです。

これまでお尻になかったものが急につくわけですから、嫌がるのも仕方ないと思います。

犬にとっておしりはとてもデリケートなもので、おしりを触られることも本当はあまり好きではありません。

お尻に変なものがついているからオムツが嫌だと感じる犬は多いです。

犬のオムツの種類は何がある!?

犬 オムツ 種類

犬用のオムツといっても一つではありません。

さまざまな種類があります。

犬用のオムツの種類は、

・巻くタイプ
・パンツタイプ

といったタイプのオムツがあります。

それぞれどのようなオムツであるのか、オムツの使い方について紹介していきます。

巻くタイプ

オス犬が主に使用するオムツが巻くタイプです。

巻くタイプのオムツはオス犬のペニスを隠すように巻いて使用していきます。

巻くタイプのオムツはマナーベルトという名前で呼ばれることもあります。

巻いて使用するだけなので使いやすく、すぐに使い方を覚えることが可能です。

着脱が簡単という点でもおすすめで、外出時だけ使用するという方も多いです。

オムツであるためおしっこが漏れないようにすることはもちろん、マーキング防止にも役立ちます。

オス犬はマーキングする子が多く、マーキングに悩まされているという飼い主さんは少なくありません。

スポンサードリンク

パンツタイプ

犬の腰からお尻までを広くカバーしてくれるオムツがパンツタイプのオムツです。

パンツタイプのオムツは赤ちゃんが履くパンツタイプのオムツと一見よく似ています。

しかしよく見てみると、犬のしっぽにあたる部分に穴が開いておりしっぽをオムツから出すことができます

パンツタイプのオムツと巻くタイプのオムツを比べてみると、パンツタイプのオムツの方がしっかりおしっこを吸収してくれるため漏れにくいです。

しかし体の構造がオスとメスとは違います。

オスはペニスがあるためしっかり巻くことができる巻くタイプが、メスはしっかり体を包んでくれるパンツタイプがおすすめとなります。

先ほど赤ちゃんのパンツタイプのオムツと犬用のパンツタイプのオムツは似ていると紹介しました。

実は犬種によっては赤ちゃん用のパンツタイプのオムツを着用することができます。

赤ちゃんのパンツタイプのオムツを使用することができる犬種はコーギーやトイプードルなどのしっぽが短い犬種です。

しっぽが短ければオムツにしっぽを出す穴がないオムツであっても使用することが可能です。

赤ちゃん用オムツと犬用オムツを比べると、赤ちゃん用オムツの方が安いです。

そのため費用を節約するために赤ちゃん用のオムツを使用しているという人も少なくないようです。

犬のオムツトレーニングの方法

犬 オムツ トレーニング

オムツをつけることを嫌がる犬もいますが、状況によってはオムツをつけないといけないこともあります。

そのためオムツトレーニングをする必要があるのです。

ここでは犬のオムツトレーニング方法について紹介していきます。

オムツをまずは履かせてみて下さい。

足をバタバタさせたり逃げたりして履かせてくれないかもしれません。

まず履くことができたらいっぱい褒めてあげましょう

犬は褒められることが大好きです。

褒められる=楽しいとなります。

オムツをつけるとほめてもらえるから嬉しいなと思わせるようにしましょう。

オムツを履くことに慣れてきたとしても、オムツを履いたら「えらいね」「すごいね」といった風に褒めてあげましょう。

オムツトレーニングでやってはいけない事は!?

オムツに慣れさせるオムツトレーニング中に絶対にやってはいけないことがあります。

それは嫌がっている時に無理強いしないということです。

私たち人間も嫌だと思うことを無理強いされたら嫌ですよね?犬だって同じです。

無理強いされるとオムツを履く行為が嫌な行為だと思ってしまいます。

嫌がったら無理させず長い目でオムツが履けるようにしてあげるようにしてあげて下さい。

まとめ

犬 オムツ まとめ

今回は犬のオムツについてをテーマにまとめていきました。

☑シニア犬、メス犬はヒート期、マナーを守らなければならないところでオムツをつけることが多い

☑犬はおしりを触られることが好きではないためお尻に違和感のあるオムツを嫌がることが多い

☑犬用オムツには巻くタイプ、パンツタイプとがある

☑巻くタイプはオスがパンツタイプはメスが使用することが多い

☑しっぽが短い犬種なた赤ちゃん用のオムツも使用できる

☑オムツトレーニングは褒めることから始めよう

☑無理強いは絶対にしないで!

いかがでしたか?

オムツは飼い主の負担を軽減させるだけでなく愛犬の暮らしに負担をかけないものでもあります。

犬用オムツはさまざまなメーカーから出ているためチェックしておくことをおすすめします。

>>犬のオムツの付け方や付ける時期についてはこちら♪

犬のオムツの付け方。付けるタイミングや時期はいつ!?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 オムツ 嫌がる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬の餌の年齢別・季節別の与え方や注意点について

  • 犬の水飲みを快適に!水飲み器の種類や高さについて

  • 犬のアレルギー症状やアレルギー対策の為のフードの選び方

  • 散歩中に犬が吠えてしまう!5つの原因や止めさせる方法は!?

  • 犬はチーズが好き!与える時の注意点について

  • 犬がおすわりできない原因は何!?教え方について