1. TOP
  2. 飼育
  3. 犬の餌の種類や、犬が喜ぶ餌の選び方について

犬の餌の種類や、犬が喜ぶ餌の選び方について

飼育
この記事は約 14 分で読めます。
犬 餌 種類

愛犬に毎日与えるエサをどれにしようかと迷われている方も多いのではないでしょうか。

毎日健康で長生きしてもらいたいものですよね。

そのためには、愛犬の年齢や好みに合った安心安全なドッグフードを選ぶことが重要になりますよね。

ここでは、犬のそれぞれの世代別に適したドッグフードの種類や、海外産と国産の違いなどについてご紹介します。


犬の餌(ドックフード)の種類は何があるの!?

犬 餌 何

ドッグフートの種類は多種多様で、どれを選べばいいのかわかなくなるほどですよね。

その中から、愛犬の年齢や種類や大きさ,目的などによって、適したものを選ぶことが大切になるでしょう。

そのためにも、まずはドッグフードにはどのような種類があるかをよく理解することが大切になります。

ここではまず、ドッグフードに含まれる水分量による分類をご紹介します。

食感はもちろんですが、保存期間などにも大きな違いがありますので、用途や目的に合わせて使い分けるといいですね。

ドライフード

ドッグフードの中で、水分含有量が10%以下程度のものをドライフードといいます。

栄養バランスを考慮して配合された材料を固めて乾燥させたもので、粒状やフレーク状など種類が豊富で価格も求めやすい設定のものが多く、手軽に購入できるのが利点でしょう。

カリカリとかみ砕いて食べることで、歯垢がつきにくく歯石の予防やあごの骨を丈夫に保つために役立てられること、開封後の保存期間が長いなどのメリットがあります。

ソフトドライフード

水分含有量が25~35パーセント程度のものをソフトドライフードといいます。

しっとり感を保つために湿潤調整剤を使用しており、歯が弱い犬でも食べやすいのが特徴です。

加熱処理はしていますが、水分含有量が多いので開封後はカビに注意したり、水分が飛ばないように注意する必要があるでしょう。

また、同程度の水分含有量のセミモイストフードというものもありますが、こちらは押し出し機などで製造されて発泡されていないものになります。

ウェットフード

水分含有量が75%程度のやわらかいもんで、缶詰やレトルトパウチ,アルミトレーなどに詰められたものになります。

肉や魚を原料にしたオートミールタイプと、それに野菜やビタミン類を加えたレーションタイプがあるということです。

品質保持のために殺菌処理がされており未開封の場合は長期保存が可能ですが、開封後は痛みやすいので一度で使い切るか、保存に注意する必要がありそうです。

ドックフードの国産と外国産の違いは!?どっちがいい?

犬 餌 外国産

ドッグフードには外国産のものも多く出回っていますが、国産品と違いがあるのでしょうか?

国産と外国産ドッグフードの違いについていくつかの側面からご紹介します。

欧米各国は『ペット先進国』『ドッグフード先進国』などと呼ばれ、品質の高さなどで国産品より優れているとされてきました。

これは、国産と外国産の間にはドッグフードに関する規制において大きな違いがあることが要因となっています。

実は日本ではドッグフードは食品ではなく雑貨に分類されるそうです。

そのため、食品への使用が許可されていない添加物でも使用できるものがあったり、表示する義務のない添加物もあるのです。

例えば無添加の表示があったとしても、実際には添加物を使用している可能性があるというのが国産品の現状といえるのですね

一方欧米において、添加物にかなり厳しい基準を設け、第三者機関のチェックを通して販売されるという流れが出来ている国では、ドッグフードの安全性や品質に対する信頼感も高い傾向があるということになります。

また、原材料にも違いがあるようです。

国産のドッグフードには小麦やトウモロコシなどの穀類がメインのものが多いそうです。

本来肉食で腸の短い犬にとって、穀類は消化しづらいものなのですが、価格を抑えるために原価の安い穀類を多く使用したり、人工的な添加物や香料で食感や風味を作っているドッグフードが多く存在するのも国産品の現状なのです。

その点外国産は主原料が肉で、穀物や人口添加物は不使用であるものが主流ですので、犬の健康を考えている姿勢が感じられるのではないでしょうか。

ここまでの内容では、外国産の方がメリットが多いと感じますよね。

あえて外国産のデメリットを挙げるとすれば、入手しにくいことや価格が高いということになるでしょう。

外国産の良質なドッグフードは店頭に並ぶことがほとんどなく、インターネット通販が主な販売ルートになっているようです。

これは、輸送時や販売環境などによる品質の低下を防ぎ、ドッグフードを鮮度の高い状態で確実に消費者に届ける目的からであり、そのために価格も高い傾向になるのですね。

私達消費者のドッグフードに対する意識や知識が重要であり、本当に犬の健康を考えたドッグフード選びができるのが理想ということになりそうです。

愛犬が喜ぶ餌の選び方について

犬 餌 選び方

ドッグフードは、愛犬の成長に応じて適したものを選ぶことが必要になります。

ここでは、成長段階別に必要な栄養面を考慮に入れたエサの選び方や与え方などをご紹介しましょう。

子犬の餌の選び方は!?

子犬には、成長の過程において強い体を作るための動物性たんぱく質や動物性脂肪が必要といわれます。

子犬用のエサを選ぶ際には成分表をしっかり確認することが重要でしょう。

この際、『ラム肉』『ニシン油』など、原材料の具体的な肉や油の種類、使用されている量などを明記してあるものが信頼できます

ざっくりと『動物性たんぱく質』『動物性脂肪』と書かれてあるものは、原材料を特定できない上に添加物や発がん性物質などが含まれている可能性も高くなるそうです。

また、子犬のうちから穀類を与えるとアレルギーの原因になりやすいといわれますので、健康に成犬まで育てるためにはこれらのことに留意してエサを選ぶことが重要になるのですね。

子犬用の餌はいつまで与えていいの?

子犬用のエサを与える期間は、成犬の体の大きさとも関係しているようです。

一般的に授乳期を終えて生後8週齢前後までは離乳食の時期といわれ、そこから大型犬で1歳半,中型犬で1歳,小型犬程度で9~10ヶ月頃までは子犬用のエサを与えることになるということです。

子犬用のエサには、成長に必要なたんぱく質をはじめ、ビタミンやミネラル,アミノ酸などが十分含まれているため、必要な時期にきちんと与えるようにすることも大切ですね。

スポンサードリンク

 成犬の餌の選び方は!?

成犬のエサにおいても、一番大切な栄養素は動物性たんぱく質といわれます。

消化吸収しやすい原材料としては、肉の場合は牛肉や鶏肉,ラム肉,馬肉など、魚ではサーモン,ニシン,白身魚、鶏卵なども含まれるということですので、成分表をきちんと確認することが必要になりますね。

植物性たんぱく質や穀類は、消化吸収率がよくないので覚えておくといいでしょう。

個体差はありますが、成犬用のエサを食べる期間は、基本的には1歳前後から6~8歳前後とされています。

子犬用のエサは、運動量が多い成長期の犬のために作られているため、成犬になっても食べ続けると肥満になってしまうこともあるでしょう。

成長をみながら、適当な時期に徐々にエサを切り替える必要があるのですね。

 老犬の餌の選び方は!?

だいたい6~8歳以降の犬から高齢とされますので、この時期には高齢犬に適したエサに切り替えることになります。

運動量や体の代謝が低下してくるので、低脂肪,低カロリーであったり、体の機能低下を補う原料などを加えたものなどが出回っているようです。

もちろん、体の衰えを防ぐには良質な動物性たんぱく質が大切になりますし、骨を丈夫にするカルシウムなども必要な栄養素になりますので、それらをしっかり補えるものを選ぶことが必要になりますね。

また、食べにくそうだと思ったらエサを水でふやかしてみたり、好きなものと混ぜるなどの工夫も有効でしょう。

犬の餌を選ぶ時のコツや注意点は!?

犬 餌 注意点

市販のドッグフードにも気を付けなくてはいけない点があることがわかりましたが、実際どのような点に注意してドッグフードを選べばいいのでしょうか?

ドッグフード選びのコツや注意点についてご紹介します。

犬は肉食ですので、そもそも体のつくりが人間とは異なります。

私達の感覚で、栄養のバランスを取るために野菜や穀物なども色々摂取しようと思うのは、場合によっては犬の体に負担を与えることになりかねないのですね。

犬にとって大切なのは動物性たんぱく質ですが、ドッグフードの表示には牛肉,鶏肉など原材料が特定できる表示のあるものを選ぶのが安全でしょう。

また、穀物を混ぜることで価格を安くすることができるため、多くのドッグフードにはトウモロコシや小麦などが混ぜられていますが、犬の短い腸は炭水化物を消化するのには負担がかかるため、それらの表示に気を付けることも必要です。

また、人間と同じく、添加物や香料,着色料などにも注意したいものです。

日本ではドッグフードの原材料や添加物の表記について、欧米各国ほど厳しい基準が設けられていないのが現実です。

購入の際には本当に犬のことを考え、表示を確認して納得したものを選ぶことが大切といえるでしょう。

おすすめのドックフードをご紹介!

犬 おすすめ ドックフード

ドッグフードには様々な種類がありますので、愛犬の状態を考慮しながら、一番適したものを選ぶことが必要になります。

ここでは、犬の成長段階に合わせたオススメのドッグフードをご紹介します。

子犬におすすめのドックフードは?

成長スピードが速い子犬の時期には、健全な成長に欠かせない動物性たんぱく質が特に必要になります。

とはいえ子犬は消化機能も未熟なので、消化吸収が良くて栄養たっぷりの良質な動物性たんぱく質を含む肉を原材料とするドッグフードを選ぶのがいいでしょう。

また原材料の表示も具体的でわかりやすく、添加物の心配のないものを選ぶことも大切ですね。

子犬にオススメのドッグフードをご紹介します。

ブッチ

ブッチは、環境規制の厳しさでは世界一ともいわれるニュージーランドのメーカーです。

動物性たんぱく質は最大92%、さらに水分含有量も生肉と同じ70%程度に調整されており、無添加なのはもちろん栄養成分にも考慮された注目のドッグフードといわれています。

厳しい検査をクリアして工場に納入された原材料は、その日のうちに製品化されるということで、鮮度はもちろんですが管理保管コストを抑える工夫もされているのですね。

ドライフードではなく生肉に近いため消化吸収もいいので、子犬の成長の助けになってくれそうです。

カナガン

カナガンの商品は、ペットフードに関する厳しい基準を設けている欧州ペットフード工業会連合(FEDIF)からも高い評価を得ている施設で製造され、十分な品質管理のもとで日本に直輸入されています。

一番のこだわりは、肉食の犬にとっては消化しづらい穀物類を使わない、いわゆるグレインフリーといえるでしょう。

ドッグフードにトウモロコシや小麦などの穀物を入れる理由には、安価なドッグフードを作るためのかさ増しの目的などが挙げられますが、これが原因でアレルギーや皮膚のトラブルなどを引き起こす可能性があるのですね。

厳選された原材料や栄養バランスにもこだわり、一度に大量生産しないことで可能な限りの新鮮さを保つ姿勢も信頼できる一因になっています。

子犬にも食べやすい小粒なのもうれしいところです。

モグワン

原材料は良質なチキンとサーモン、内臓に負担をかけない高たんぱくで低脂肪の理想的なドッグフードとして認知度も高いメーカーになります。

もちろん穀物不使用(グレインフリー)にこだわり、イギリスでも最大手といわれるペットフード専門工場において厳しい品質管理のもとで製造されているということで高い信頼を得ているのですね。

香料や添加物を使わず、トマトやアスパラガス,リンゴなど厳選された野菜類などを使うことで栄養満点なドッグフードを目指している姿勢がオススメのポイントになるでしょう。

成犬におすすめのドックフードは?

成犬の場合も子犬ほどではないですが高たんぱくなドッグフードを選ぶのがいいでしょう。

穀物不使用(グレインフリー)の場合100gあたり360kcalを目安にし、良質な肉を原材料とした、たんぱく質の割合が30%以上のものがオススメなのだそうです。

スポンサードリンク

ナチュラルドックフード ラム

こちらも欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)が定める厳しい基準をクリアしたイギリスの工場で製造されています。

こちらも穀物不使用(グレインフリー)で、原材料の最大55%以上にアレルギーの心配が少ない生ラム肉を使用しているのが特徴です。

余計なものは入れず10種類程度の原材料で作られており、天然ハーブの力で酸化を防止するなどのこだわりも注目すべき点でしょう。

全年齢対応ではなく、7ヶ月目くらいから食べることができるようですので、子犬用から成犬用のドッグフードに切り替える時期くらいからの犬にオススメなのだそうです。

ファインペッツ

使用される原材料はすべて人間が食べることのできるレベル(ヒューマングレード)で、メインの鹿肉はアレルギー性の低い肉とされています。

穀物に分類されるオートミールを使用していますが、こちらもトウモロコシや小麦などに比べてアレルギー性が低く、食物繊維やビタミン,ミネラルをはじめとする栄養価が高い食材なのですね。

他にもフラクトオリゴ糖やビフィズス菌などが腸の善玉菌を増やしたり、抗菌作用のある天然ハーブを使用しており、さらに犬のサイズや年齢に合わせて大粒と小粒の2種類から選べるなどの特徴があります。

全成分の70%が肉になっておりカロリーも高めなので、成長期の子犬や成犬にはぴったりですが、運動量の少ないシニア犬に与えすぎると肥満になる可能性があるようですので注意が必要でしょう。

ヴィジョンズ

主にヒューマングレードの国産の原材料を使用し、国内製造を行うメーカーです。

もちろん添加物や着色料,防腐剤のたぐいは不使用で、メインの肉には子羊や魚,鶏肉や馬肉が使われています。

魚がメインというのが特徴的ですが、魚には正常な血流に効果のあるDHAEPAや、細胞膜を強くするオメガ3脂肪酸といった栄養素が豊富といわれますので、愛犬の健康に役立ちそうですね。

メインの食材によってすべての年齢の犬に合うよう設定されているようですので、段階や好みに応じて選ぶことができるのもありがたいでしょう。

小袋の少量タイプなので、鮮度が低下する前に食べきれるのも助かるポイントです。

ただしグレインフリーではないので、アレルギーをもつ愛犬の場合は確認した方がよさそうです。

老犬におすすめのドックフードは?

愛犬が高齢になってきたらドッグフードもシニア犬用に切り替えるというのは、愛犬家にとっては常識ですよね。

年齢を重ねるにつれて代謝や運動量も減っていくため、成犬用に比べてカロリーが控えめであったり、体の機能も徐々に弱まっていくため、それらをサポートする栄養素が強化されているものなど、色々な工夫のあるものが多いようです。

ただし、カロリーを抑えるために、犬にとっては消化しにくい小麦粉やトウモロコシなどの穀物を多く使用しているものは、消化器官の機能が低下してきている高齢犬には特に負担になることでしょう。

高齢犬にとって必要な栄養素が十分配合された高品質なドッグフードを選ぶことが重要になりますね。高齢犬にオススメのドッグフードを2つご紹介します。

ピッコロ

ペットフード先進国のひとつであるイギリスのメーカーで、その品質の信頼性は、英国王室のエリザベス女王から表彰されたことからもよくわかります。

全犬種対象になりますが、特にシニア犬にとって必要な条件が満たされているということでは定評があるそうです。

穀物不使用(グレインフリー)なのはもちろん、原材料の70%が低カロリーのチキンやサーモンであったり、リンゴやサツマイモなど腸内環境を整えてくれる野菜やグルコサミンやコンドロイチンなどが配合されているのも特徴です。

保存料には自然由来のものを使用し、添加物不使用なのも信頼できるポイントですね。

オリジン

『ペットフード・オブ・ザ・イヤー』という国際的な賞を3年連続で受賞している注目のドッグフードで、他のドッグフードに比べて割高な価格設定にもかかわらず、高品質で安心安全なドッグフードを求める愛犬家に多く求められているそうです。

原材料は地元カナダ産にこだわり、天然魚や放し飼い鶏肉や七面鳥、巣に産み落とされる卵など、自然下の環境と同じような状態のエサを得られることを目指しているのも特色のひとつでしょう。

原材料の比率も、肉類80%,フルーツと野菜20%,穀類0%と、自然環境での食事を再現できるようにしているということです。

また、ハーブなどの植物を使用することで、栄養吸収の促進や抗酸化物質の供給、皮膚疾患予防などの効果も期待できるのですね。

まとめ

犬 餌 まとめ

ドッグフードには、水分含有量によっていくつかの種類があり、さらに年齢によって適したものが異なりますので、愛犬の好みや状態によって適切なものを選んであげることが大切なのですね。

選ぶ際には、原材料や製造工程についてきちんと確認することが大切になるでしょう。

また、価格を安くするため使用されるといわれる小麦やトウモロコシなどの穀類は、犬にとっては消化しにくいものになりますので、穀物不使用のものを選ぶのがいいそうです。

☑国産は穀物がメインの物が多く外国産は主原料が肉

☑子犬の餌には動物性たんぱく質や動物性脂肪が必要

☑成犬に1番大切な栄養素は動物性タンパク質

☑老犬の餌には動物性タンパク質やカルシウムが必要

☑ドックフードの表示に牛肉,鶏肉など原材料が特定できる表示のあるものを選ぶのが安全

 

肉食である犬の健やかな日々が長く続くよう、ドッグフードについての知識を身に着けておくことが飼い主の責任といえるでしょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 餌 種類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬はさくらんぼを食べても大丈夫なの!?種には要注意!

  • 犬のトイレ選び!適切な大きさや種類について

  • 犬ににんじんを与えてもいいの!?量やアレルギーは!?

  • 犬に蕎麦を与えてもいいの?アレルギーの可能性は!?

  • 犬の餌の年齢別・季節別の与え方や注意点について

  • 犬のネギ中毒の症状や対処法とは!?どうして危険なの?