1. TOP
  2. 病気
  3. 犬の体温がいつもより熱い!原因や自分でできる対処法について

犬の体温がいつもより熱い!原因や自分でできる対処法について

病気
この記事は約 6 分で読めます。
犬 体温 熱い

何気なく愛犬を触ったらいつもより体が熱い?と感じたことはありませんか?

犬も私たちと同じく、体調が崩れたりすると発熱することがあります。

犬の体温が熱いのが発熱だったとしたら、それを放っておいても大丈夫なのか、この記事では、犬の体温を中心に体温が熱い場合の原因と、飼い主さんが自分でできる対処法についてお話していきます。


犬の平均の体温は38度前後

犬 体温 平均

犬の体温が熱いのかどうかは、まずは、犬の平均体温を目安にしないとわかりません。

犬の場合は、人間と比べると平熱で38度前後とかなり高い体温といわれています。

私たちで約36度ほどなので、2度から3度は人よりも犬の方が高いといえます。

だから、通常の状態でも犬の体を触ると体温が熱いと感じるんですね。

猫も同じで人間よりも高く38度台が平熱といわれています。

さて、そんな体温が高い犬が、異常に熱いと感じる場合は、ほぼ間違いなく体に何らかの異常があります。

犬の体温が異常に熱いと感じる体温の目安は約39.5です

この場合は、明らかに発熱していることになるので、発熱の原因を探って早期の対処が必要になってきます。

犬の体温が熱い時の原因について

犬 体温 原因

犬の体温が熱い状態で、発熱症状を見せている時は、多くの場合が何らかの病気が原因である可能性があります。

病気が原因でどこかに炎症を起こしていたり、何らかの感染により体が免疫反応として発熱しているなど様々考えられます。

つまり、犬の発熱は、不調のサインとなります。

体調不良意外にもう一つの原因として、過ごしている環境によって体温が熱い状態になっている場合もあります。

このように犬の体温が熱い時には、次の4つの原因が考えられます。

スポンサードリンク

熱中症によるもの

犬の熱中症は、夏場などの暑い時期に換気のされていない室内などで、温度が上昇することで犬の体温も上がって体が熱い状態になることです。

また、極端に蒸し暑い日は、室内であっても熱中症になってしまうこともあります。それは、車内の中でも同じです。

犬の熱中症の症状は、体温が熱い状態から始まって、呼吸が荒くなり嘔吐したりします

もっと進行すると失神等の症状が見られ命を落とし兼ねません。

犬を飼う環境は、適切な温度を設定してあげるように注意しましょう。

ウイルス感染によるもの

犬の発熱で、体温が熱い状態になってしまう原因の一般的なものとして、ウイルス感染が原因の場合も考えられます。

犬も人間と同じで、ウイルスや細菌によって発熱します。

発熱の症状については、その種類によってかなり異なります。

軽い症状で終わってしまうことも多いですが、油断できないのは、命に関わるほど重大なウイルス感染や細菌感染にかかっている可能性もあるということです。

>>犬の軟便を改善する食材や食事方法についてはこちら♪

犬の軟便!改善する食材や食事方法について

内臓の炎症によるもの

発熱の原因には、肺炎や胃腸炎や肝炎なども可能性としてあげられます。

内臓に炎症が起きてしまう原因には、特定のウイルス感染もあげることができますが、アレルギー反応が原因になって起こることもわかっているようです。

肺炎は、人間と同じく犬の命に関わる病気なので、迷わずにすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

子宮蓄膿症によるもの

子宮蓄膿症は、避妊手術を受けたことがないメスの犬だけに発症する病気です。

この子宮蓄膿症も発熱の原因の一つになります。

子宮蓄膿症は、子宮に膿がたまることで、絶好の雑菌の住処となってしまい病気が引き起こされます。

症状は、発熱にとどまらず、下痢や嘔吐、薄いおしっこをたくさんするなどの症状も出ます。

この病気は、突然食欲をなくし元気がなくなり、最悪の場合は、数日という短期間で命を落とすケースも少なくなく、とても恐ろしい病気です。

子宮蓄膿症は、発情出血の生理があってから、12ヶ月の間に発症することが多いといわれているので、避妊手術を受けさせていない場合は、飼い主さんが注意してあげる必要があります。

犬が発熱した時の対処法について

犬 発熱 対処法

犬が発熱した時の原因を見てきましたが、では、そんな時の対処法についてもお話しします。

発熱した時の対処法の基本は、体を冷やすことなどが中心になります。

まずは、愛犬がゆっくりと落ち着いて休めるスペースを作ってあげますが、生まれたばかりの子犬や、老犬の場合は、発熱しただけでも命の危険性につながることもあります。

油断をせずにすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

タオル等で冷やす

犬の体温が熱いと感じて、発熱しているとわかっていても、病院にすぐには連れて行けない時には、体を冷やして体温を下げる方法がもっとも効果的です。

私たちの場合は、発熱すると額を冷やしますが、犬の体温を下げる場合は脇の下や後ろ足の内股を冷やします

冷やす時には、直接氷などをあてるのはNGです!タオル等で巻いてじんわりと冷やすように工夫してください。

スポンサードリンク

水分を与える

発熱している時に、食欲がないようなら水分を多めに与えるようにしましょう。

同じ水分でももっとも効果的なのが、犬用のスポーツドリンクを与えることです。

発熱している時は、いつもより呼吸が激しいので脱水症状にならないように頻繁に水分を与えましょう。

犬用のスポーツドリンクは、ペットショップで簡単に購入できるので、いざという時の為に用意しておくと安心ですよ。

また、人間用のスポーツドリンクは、塩分や糖分が含まれているので、犬の水分補給で飲ませるのはやめておきましょう。

腎臓を傷めてしまう危険性があります。

もし、緊急時なら、水で3倍以上薄めて飲ませるようにしてください。

室温を調節する

犬の熱中症の多くは、締め切った車内で室温が上がった状態で留守番をしている時などに発生しています。

犬が発熱したら、換気を良くしたりエアコンなどで車内や部屋の室温を調節して、温度も下げるようにしましょう。

また、どんな原因でも発熱してぐったりしている時は、騒がしい音やテレビの音などは犬のストレスになってしまいます。

人の話す声にも敏感に反応してしまうこともあるので、発熱している時は、愛犬が静かに過ごせるように心がけましょう。

まとめ

犬 熱 まとめ

犬の体温が熱いと、飼い主さんは心配になると思いますが、犬の発熱はめずらしことではありません。

緊急時に体を冷やすなどの対処法を行っても、必ず動物病院の診察を受けさせましょう。

では、この記事では大切なポイントがたくさんあったので、もう一度振り返っておきます。

犬の体温が異常に熱いと感じる体温の目安は約39.5

犬の体温が熱い時の原因

・熱中症:呼吸が荒くなり嘔吐することも

・ウイルス感染:軽い症状で終わることもあるが、重大なウイルスや細菌感染の可能性も

・内臓の炎症:肺炎や胃腸炎や肝炎など

・子宮蓄膿症:避妊手術を受けたことがないメスの犬だけに発症(生理から12ヶ月の間に発症することが多い)

犬が発熱した時の対処法

・脇の下や後ろ足の内股を冷やす(直接氷などをあてるのはNG

・水分を多めに与える(犬用のスポーツドリンクが効果的)

・室温を調節する(ぐったりしている場合は静かに過ごせるように心がける)

犬を飼っていると色んな事がおきます。いつでもすぐに異変に気付けるように愛犬との触れ合いの中で観察していきましょう。

>>犬の咳の原因や対処法についてはこちら♪

もしかして病気!?犬の咳の原因や対処法について

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 体温 熱い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬のカフェイン中毒に注意!コーヒーを誤飲した時の対処法について

  • 犬が伸びを行う3つの意味とは?頻繁に行う時はどんな時!? 

  • 犬の水を飲む量が増えたときに考えられる病気について

  • 犬の血尿の原因はストレスかも!?原因や対策法について

  • 危険!犬の熱中症の応急処置!正しい冷やす場所はどこ?

  • 犬の水頭症って治るの?初期症状や寿命について