1. TOP
  2. 飼育
  3. 犬ににんじんを与えてもいいの!?量やアレルギーは!?

犬ににんじんを与えてもいいの!?量やアレルギーは!?


この記事は約 7 分で読めます。
犬 にんじん アレルギー

にんじんは、人間にとって栄養価が高く摂っておきたい栄養素が含まれますが、それは犬にとっても同じで、健康維持にはプラスとなる栄養素です。

でも、犬ににんじんを与えるのはどうでしょうか?

にんじんによるアレルギーも心配です。

そこで、犬ににんじんを与えるのはいいのか、与える量や心配なアレルギーはどうなのかについて調べました。


犬ににんじんを与えてもいいの!?

犬 ニンジン 与える

にんじんは栄養価が高く、人間と同様に犬にとっても摂り入れるメリットのある食材です。

それも、にんじんは低カロリーなので犬の健康のために与えてもいいと認められている野菜です。

つまり、犬ににんじんを与えるのは良いことといえます。

にんじんは、ビスケットやクッキーなどのトリーツに含まれることも多く、肥満気味の犬に与えるのは非常に効果的とされる野菜です。

また、にんじんを与えるメリットには、デンタルケアとして犬の歯磨き効果にも役立つともいわれています。

にんじんを与えてもいい量はどれくらい!?

犬に、与えてもいい量は、犬の体重などによってことなります。

犬の体重:与えてもいいにんじんの量

1kg6g

3kg13g

5kg18g

10kg32g

15kg43g

20g53g

30g72g

40kg90g

上記は、健康な犬の場合で、にんじんだけを1日の間食で与えた場合として想定された目安の量です。

この量はあくまでも目安となるもので、基本は、少量ずつから試していくようにしましょう。

にんじんの栄養素や犬への効果

犬 にんじん 栄養素

にんじんの栄養素は、ビタミンAやカリウム、職も繊維、βカロチンが豊富です。

他にもビタミン要素を多く含むなど、バランスよく栄養素が含まれているので犬にとってもよい食べ物として与えることができます。

犬がにんじんを食べた場合の効果は、あまり報告されていませんが、にんじんに含まれているこれらの栄養素から、犬に与えることで3つの働きが期待できます。

消化不良のケア食になる

にんじんに含まれる食物繊維は、便通を整えて腸内の発がん物質を体外に排泄してくれる働きがあります。

さらに、消化不良や食欲不振時には、ケア食としてにんじんを与えるのがおすすめとされています。

もちろん、にんじんを調理して食べやすい形で与えます。

スポンサードリンク

老化防止や免疫力向上

βカロチンは、抗酸化作用の働きがあるので老化防止と免疫力を高めるにも効果的とされています。

βカロチンは、犬の体内に取り込まれるとビタミンAと変化しますが、このビタミンAも皮膚や目に良いとされる栄養素です。

体の酸化は、ストレスや食品添加物、そして老化によって引き起こされるといわれているので、老犬のおやつにするなどして、必要な栄養素として摂り入れることがおすすめです。

利尿作用

にんじんには、水分も豊富に含まれるにんじんなので、犬に与えることで水分補給としても役立ちます。

尿がでにくい犬なら、カリウムの利尿作用の効果で尿が出やすくなるメリットなども十分考えられます。

>>犬の卵アレルギーや与える際の注意点についてはこちら

犬にも卵アレルギーがある!?卵をあげる時の注意点について

犬ににんじんを与える際の注意点

犬 にんじん 注意点

犬ににんじんを与えることは、犬にとっても栄養価が高いのでメリットはありますが、与える際には次の4つの点に注意してください。

与えすぎないようにする

にんじんの栄養素を犬が摂り入れることは、何の問題もありません。

ただし、与え過ぎて過剰に食べ過ぎてしまうと、下痢や軟便、嘔吐に繋がる可能性はあります。

また、βカロチンは、過剰に摂取することで肝臓に負担がかかってしまうこともあるので、先ほどの与えてもいい量を参考にして、必要以上に与えないようにすることで美味しく安全に栄養素を摂り入れるように心がけてください。

目安の一つとして、便ににんじんがそのまま排泄されたり、便が赤くなるほどだと与えすぎかもしれません。

犬のにんじんアレルギーに注意する

にんじん自体のアレルギー報告は、かなり少ないといわれていますが、アレルゲン物質が含まれている可能性も十分あります。

ごくまれに犬によってはにんじんにアレルギーを持っている犬もいます。

その犬のアレルギー度合いもありますが、場合によっては、少量口にしただけで症状が出る可能性があります。

アレルギーの主な症状は、吐き気、実際に吐く、下痢、軟便、元気がなくなる、体のかゆみや腫れ、目の充血といった症状を発症することもあります。

スポンサードリンク

初めてにんじんを与える時には、このようなアレルギー症状の反応を見る為、ほんの少しだけ与えてしばらく様子を見てからにしてください。

もし、アレルギーのような症状が出始めたらすぐに中止しましょう。

できれば、事前に動物病院で、アレルギーチェックをしておくと安心です。

愛犬がどんな食材や原料にアレルギーを持っているのかを知っておくと安心です。

ちなみに、アレルギー検査は20,000円~30,000ほどかかります。

にんじんの加工食はできるだけ与えない

にんじんは、犬にとっても良い食材ですが、身近にあるにんじんの加工食はできるだけ与えないようにしてください。

例えば、にんじんチップスなどは油を使っているのでおすすめできません。

砂糖や塩などの調味料を使った加工食も犬にとっては良くありません。

ただ、純粋ににんじんだけを原材料として使っているジュースなら与えるのは構いません。

ジュースを与える場合は、たくさん飲ませると下痢や軟便を引き起こす可能性があるので、ほんの少し舐めさせる程度にするか、ジュースを水で薄めて与えるようにしましょう。

おすすめのにんじんの与え方

まず、にんじんを与える場合は、必ず細かく犬が食べやすい形に切ってからあげてください

大きすぎると喉に詰まらせてしまいます。

生のにんじんはデンタルケアになりますが、食べやすい大きさで与えます。

ただ、消化吸収しやすくするために、にんじんをすりおろして与えるのがおすすめです。

皮をよく洗って皮ごとすりおろして与えて大丈夫です。

皮には、農薬が付着している可能性もあるので念入りに洗いましょう。

にんじんは、すりおろすとや細胞膜が破れて、中の酵素があふれだすことから酵素自体が活性化されるので、摂り入れる酵素が2倍から3倍にも倍増するといわれています。

もし、火を通して与えるなら、茹でて与えるなら蒸して与えほうがおすすめです。

茹でると栄養素が茹で汁で流れ出てしまうので、蒸した方が栄養素を摂り入れやすいです。

特にβカロチンは、茹でて加熱することで体内での吸収性が高まりますよ。

まとめ

犬 にんじん まとめ

にんじんは、体に何の異常もなく健康体の犬であれば与えるのは問題はありません。

ただ、メインのドックフードにも栄養素が含まれているので、あくまでにんじんはおやつ程度として考え、栄養補給の目的で与えるのがベストです。

にんじんは栄養価が高く低下カロリーなので犬の健康のために与えても良い

にんじんの栄養素や犬への効果

・消化不良のケア食になる

・老化防止や免疫力向上

・利尿作用

犬ににんじんを与える際の注意点

・与え過ぎない(与え過ぎると下痢・軟便・嘔吐に繋がる)

・アレルギーに注意して、最初はほんの少し食べさせて様子を見る

・にんじんの加工食は与えない(にんじんだけを原材料にしているジュースは、舐めさせる程度か水で薄めて与える)

・にんじんは食べやすい形に切ってから。消化吸収を良くするにはにんじんをすりおろして与えるのがおすすめ

犬の健康管理も安全な食事も、飼い主さんが管理して上手に栄養素を摂り入れられる工夫をしてあげましょう。

>>犬のアレルギー症状や対策のフードについてはこちら

犬のアレルギー症状やアレルギー対策の為のフードの選び方

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 にんじん アレルギー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬にきゅうりをあげても大丈夫!?栄養素や注意点とは?

  • 犬はさくらんぼを食べても大丈夫なの!?種には要注意!

  • 犬のネギ中毒の症状や対処法とは!?どうして危険なの? 

  • このこのごはんの口コミや効果は嘘?特徴や成分を徹底検証!

  • 犬に蕎麦を与えてもいいの?アレルギーの可能性は!?

  • 犬にも卵アレルギーがある!?卵をあげる時の注意点について