1. TOP
  2. 飼育
  3. 犬に与えるのに適切な水の種類は何!?

犬に与えるのに適切な水の種類は何!?

飼育
この記事は約 7 分で読めます。
犬 水 種類

普段の愛犬の飲み水は、何を飲ませていますか?

最近は、ペットに飲ませる水にこだわりを持つ人もいますが、水と一言でいっても、いろんな種類の水が存在します。

愛犬が健康を維持して安心して飲める水はどの種類になるのでしょうか。

この記事では、犬に与えるのに適切な水の種類についてお話しします。


犬に与える水の種類は何がいいの!?

犬 水 何

ずっと昔に比べると、今は、飼い主さんが愛犬の健康に気を配る方が増えてきています。

そのニーズに応えるように、愛犬の健康を考えたアイテムやエサなど豊富に種類が選べるようになっています。

犬の飲み水も同じで水道水を与えないという飼い主さんもいるのではないでしょうか。

犬は本来、野山で過ごしていた動物になるので、自然に湧き出る湧き水や池の水、小川の水を飲みながら生活してきました。

でも、人に飼われている犬の場合は、人の側で長く生活して人に与えられたエサを食べて人に与えられて水を飲んできたので、一般的に人が与えた水が適していると水といえます。

そんな中、自分たちがミネラルウォーターを飲んでいることから、犬にもミネラルウォーターを与えていた方飼い主さんもいました。

ところが、ミネラルウォーターを飲み水として犬に与えるのは、良くないという話が広まり中止したとういう方も多かったようです。

私たち人間にとっては、新鮮でミネラルが含まれるお水は健康に良いといわれていますが、犬にとってはミネラルウォーターはかえって体に良くないといわれています。

では、犬に与える水の種類は何がいいのでしょうか?

スポンサードリンク

ミネラルウォーターを与える必要は無い

まず、犬にはミネラルウォーターのすべてが良くないというわけではありません。

そうはいっても、ミネラルウォーターを犬に与える必要はないです。

ミネラルウォーターには、マグネシウム、カルシウム、リン、アンモニウムなど様々な成分が豊富に含まれています。

このような成分が入っている水を過剰に飲み過ぎると、犬の尿結石などのリスクがあるといわれています。

ミネラルウォーターを飲んでいた犬と、飲んでいなかった犬とを尿結石の発症頻度などの比較については、医学的なデーターが出ているわけではありません。

ただ、人間のように、犬はミネラル分の代謝することが難しいことから、ミネラルウォーターを与え過ぎると、ミネラルウォーターに含まれる成分が犬の体に蓄積されるということはわかっています。

つまり、ミネラルウォーターを飲んだからといって、直接的に影響が出るわけではなく、日常的に飲み続けることで、膀胱結石や尿結晶を起こしてしまう危険性があるということです。

ミネラルウォーターには、硬水と軟水があります。

一般的に硬度の数値は、水に溶けているマグネシウムとカルシウムの量を示すもので、その含有量によって水の硬度が硬水と軟水に分かれています。

もし犬に与えるなら、軟水のミネラルウォーターが適しています。

硬水

硬水(マグネシウムやカルシウムなどの含有量):120180未満

硬水には、成分が多く含まれています。ミネラルウォーターを犬に飲ませる種類としては適していません。

また、深層水と呼ばれる水の種類も避けた方がいいです。

犬に適さないミネラルウォーターは、泌尿器系の病気から下痢などを誘発する可能性があります。

軟水

軟水(マグネシウムやカルシウムなどの含有量軟水):060未満

過剰摂取を避けるには、マグネシウムやカルシウムなどの含有量が少ない軟水が適しています。

軟水のミネラルウォーターなら、まず問題ないといわれています。

水道水が1番いい!

犬に、ミネラルウォーターなどを与えたいと思うのは、水道水には、塩素が入っているので犬に飲ませたくないと思いも大きいと思います。

水道水に塩素が含まれているのは、一定時間放置しても衛生を保つために使われています。

それでも日本の水道水に使われる塩素の量は安全性に問題ないと言われている量です。

日本の水道水は管理も行き届いているので、犬に与える水の種類なら水道水が1番適しています

さらに、水道水にも硬度がありますが、水道水の硬度の値は、100mg/l以下です。

水道水の硬度は、地域によっても異なりますが軟水です。

ちなみに東京都の水道局では、金魚を水道水の中で育てながら、高水準の水質管理を行って安全な水であることを確認しながら私たちに水を提供しています。

スポンサードリンク

心配な場合は浄水器を使う

水道水には、衛生を保つために塩素が使われているので、出かけている間に飲み水を頻繁に取り替えてあげられないような場合や、犬だけが長時間留守にする場合にも水道水は適しています。

どうしても、水道水では心配な場合は、浄水器を使った水を与えても大丈夫です。

その他の水の種類は!?

犬 水 その他

犬に与えられる水の種類は、水道水やミネラルウォーターの軟水だけではありません。

その他にも例外として与えられる飲み水の種類があります。

例えば、出産後の犬や、病気を患っている場合の水分補給として、牛乳を与えたり、ビタミン、アミノ酸、糖類などを稀釈した水を飲ませることもあります。

これはあくまでも特別なケースだけの場合です。

反対に、他にも与えてはいけない水の種類もあります。

炭酸水

犬によっては、飼い主さんが飲んでいる炭酸水をガブガブおいしそうに飲む個体もいます。

でも、炭酸水には注意が必要です。

私たちがよく見かける市販の炭酸水の多くが、ミネラルウォーターに近い成分をしています

なので、犬にとってはあまり飲ませていい種類の水ではありません。

また、犬は、私たちのようにうまくゲップが出せないので、炭酸水に含まれるガスも犬にはいい影響を与えません。

最悪のケースなら、胃捻転などを引き起こしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

水素水

最近、水素水が話題となっていますが、水素水は犬に与えても大丈夫です。

水素水は、ミネラルをあまり含まない水道水に近い水といわれていますが、犬に与えるメリットや効果についてははっきりわかっていません。

ただ、アレルギーや皮膚炎、アトピーなどについて効果がみられたという報告はされているようです。

他にも、病気の症状などは良くなっているわけではありませんが、食欲が出たり元気になったという効果があることはわかっているようです。

そんな結果から、現在、水素水を取り入れた動物の治療などが行われ始めています。

水素水なら、副作用も心配なく安心して治療に使われるようです。

水素水には、ペット専用のものもあるので、試すならペット専用の水素水にしましょう。

まとめ

犬 水 まとめ

飼い主さんが、おいしそうにジュースを飲んでいると、愛犬がジーッと飲みたそうに見る時もあります。

つい飲ませようかと思うこともあると思いますが、なるべく水道水を飲ませるように飼い主さんも注意したいですね。

では、この記事を振り返っておきます。

犬に与える水の種類

・ミネラルウォーターは必要ない

・硬水は、マグネシウムやカルシウムなどの含有量が多く含まれるので適していない

・犬には、含有量が少ない軟水のミネラルウォーターが適している

・水道水の塩素の量はは安全性に問題ない

・心配な場合は浄水器を使う

その他の水の種類

・出産後の犬や病中の犬には、牛乳ビタミン、アミノ酸、糖類などを稀釈した水を与えることも

・炭酸水は、犬にはいい影響を与えない

・水素水は与えても大丈夫。ペット専用の水素水にする

愛犬の水分補給は、いつでもできるように愛犬専用のボトルを用意しておくといいですよ。

>>犬の水飲み器の種類についてはこちら♪

犬の水飲みを快適に!水飲み器の種類や高さについて

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 水 種類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬と猫の飼いやすさを比較!初めて飼うのにオススメなのはどっち?   

  • 犬が餌を食べない原因は何!?対策方法もご紹介!

  • 犬の餌の時間や回数の目安ってどれくらい!?

  • 犬がオムツを嫌がる原因やトレーニング方法について

  • 犬の餌の種類や、犬が喜ぶ餌の選び方について

  • 家に犬の臭いが染み付いてる!すぐに出来る11の消臭方法とは?