1. TOP
  2. お手入れ
  3. 犬がシャンプー嫌いを克服させる方法や原因について

犬がシャンプー嫌いを克服させる方法や原因について

お手入れ
この記事は約 6 分で読めます。
犬 シャンプー 嫌がる

犬は、「犬かき」という言葉があるぐらいなので水を好みそうなイメージですが、これがシャンプーとなったら話は別かもしれません。

犬によっては、シャンプーを嫌がる子もいて、暴れる愛犬と格闘しながらお風呂に入れさせている飼い主さんもいます。

そこで、嫌がる犬がシャンプー嫌いを克服させる方法と、犬がシャンプーを嫌がる原因について探りました。


犬のシャンプー嫌いを克服させる方法

犬 シャンプー 克服

最初に、犬のシャンプー嫌いを克服させるにはコツがあります。

いきなりシャンプーをしようと飼い主さんが構えてしまうと、ますます犬がシャンプーを嫌うようになってしまいます。

基本は、遊び感覚から少しずつ慣れさせる気持ちでやっていきましょう。

お風呂場でシャワーは浴びずに遊ぶ

犬がお風呂を嫌がり始めたら、嫌がる原因を見極めるためにお風呂場でシャワーを浴びずに遊んであげることから始めてみます。

お風呂場に入ったら、チョロチョロ程度にシャワーを出して、犬が好きなおやつやおもちゃ等を使って水遊びをさせます。

ポイントは、お風呂場に入っても嫌がることはしないことと、お風呂場に入ることを何度か繰り返して、少しずつできることを増やしていくことです。

シャワーの音だけ聞かせる

私たちには何でもないシャワーの音でも、シャワーの音にびっくりしてしまう犬もいます。

シャンプーする時にスムーズに洗い流せるように、最初は、シャワーを流して音だけを聞かせて少しずつ慣らしていくようにしましょう。

シャワーの音に慣れてきたら、シャワーを控えめにしながら、犬の体に近づけるとかなり音を押さえることもできます

おやつを与えながら足から弱めのシャワーをかける

お風呂場に入って遊んだり、シャワー音にビクつかなくなってきたら、今度は、足から弱めのシャワーをかけて慣れさせていきます。

この時におやつを与えながらかけていくのがおすすめです。

あくまでも水遊び感覚を意識して少しずつ慣れさせていくのがポイントです。

>>犬のシャンプーを始めるタイミングや注意点についてはこちら♪

犬のシャンプーはいつからいいの!?注意点は!?

スポンサードリンク

犬がシャンプーを嫌がる原因は!?

犬 シャンプー 原因

犬がシャンプーを嫌がる原因は、犬によって様々です。

愛犬は何が原因でシャンプーを嫌がるのか、まずはその原因を探っていくことがシャンプー嫌いを克服する近道です。

犬がシャンプーを嫌がる原因には大まかに次の6つのことが考えられます。

シャワーの音が怖い

犬がシャンプーを嫌う原因に、水圧の強いシャワーの音が怖いという理由はかなり多いです。

シャワーの音を恐がる犬なら、無理してシャワーは使わずに、手間はかかっても洗面器やバケツなどにお湯をためて、やわらかめのタオルで体をやさしく拭くことから始めてみましょう。

温度が熱い、冷たい

犬がシャンプーを嫌うのは、シャワーだけではなくシャワーの温度が熱すぎたり冷たいのが原因になっている場合もあります。

犬のシャワーの温度は季節によって調節が必要で、夏場なら3738℃程度、冬場なら3839℃が適温といわれています。

そうはいっても、いきなりシャワーがかかると熱いと感じたり、冷たいと感じることもあります。

私たちでもプールに入る時には、心臓から遠い部分の足から入りますよね。

それと同じで犬の足から少しずつシャワーをかけて温度に慣らしていきましょう。

お風呂に慣れていない

子犬のうちで、まだお風呂に数回しか入ったことがない犬なら、お風呂に慣れずにシャンプーを嫌がる場合もあります。

また、犬によってはお風呂場の床が滑るのが怖かったことがシャワーを嫌がる原因にもなります。

お風呂は、犬にとって安定していない場所にもなるので不安を感じます。

お風呂場の下には、滑り止めのマットなどを敷いてあげて、安定感を作ってあげることと、愛犬のお気に入りのおもちゃなどをお風呂場に持ち込んであげてお風呂に慣れさせていきましょう。

過去のシャワーで嫌な思いをした

今までシャンプーが普通にできていたのに、突然愛犬がシャンプーを嫌がる原因には、過去にシャワーで嫌な思いをしている可能性もあります。

例えば、飼い主さんに無理やり体を押さえられて、動けなかったことがトラウマになっている可能性もあります。

犬は、体を押さえつけられたり、無理に引っ張ったりされると恐怖を感じるものです。

飼い主さんが犬のシャンプーに慣れる意味でも、最初は抱っこしながらのシャンプーするなどして力を加えないようにしてあげてみてください。

また、もう一つ大切なことは、シャンプーは手早く終えることです。

時間をかけずに10分程度で終えるようにしましょう。

スポンサードリンク

目にシャンプーがしみる

犬がシャンプーを嫌う原因の一つに、目にシャンプーが入ってしみるのを嫌がるケースもあります。

シュワー中に目や耳、鼻などに水が入ってしまうと、それが嫌な思いとして残り、お風呂場に連れて行こうとするだけで抵抗を見せることもあります。

顔をシャンプーする場合は、お湯で濡らしたタオルで拭き取るようにして、シャワーを浴びる時には、直接顔の部分にあたらない工夫もしてあげてください。

自分の臭いが消えるのが嫌

シャンプーは、体の汚れや体臭を洗い流すためにも必要ですが、犬にとっては自分の臭いが消えてしまうのが嫌でシャンプーを嫌がることもあります。

または、使ったシャンプーやリンスの匂いが強すぎてしまうのを嫌がる場合もあります。

犬のシャンプーに使うシャンプー剤やリンスは、犬用のもので無香料などの香りに配慮したものがたくさん売られています。

私たち人間がいい匂いと思っても、犬にとってのいい匂いはまったく違います。

今使っているシャンプーやリンスに香りが入っているのなら無香料に変えてあげてください

まとめ

犬 シャンプーまとめ

犬もシャンプーされて体がさっぱりすれば気持ちはいいはずです。

あとは、お風呂が怖くないところであることと、無理やり押さえつけたりしないように気を配りながら洗ってあげてください。

慣れてくれば遊び感覚で逆にシャンプーをせがまれることにもなるかもしれませんよ。

では、この記事をもう一度おさらいしておきます。

犬のシャンプー嫌いを克服させる方法

・シャワーを浴びずに遊ばせてお風呂場に入ることを繰り返す

・シャワーの音だけを聞かせて慣れさせる。ホースを使うのもおすすめ

・おやつを与えながら足から弱めのシャワーをかけていく

 

シャンプーを嫌がる原因と対策

・シャワーの音が怖い:洗面器やバケツを使ってタオルで拭くことから始める

・温度が熱い、冷たい:足からシャワーを浴びさせるようにして温度に慣れさせる(夏3738℃、冬3839℃が適温)

・お風呂に慣れていない:床に滑り止めを敷いて、おもちゃをお風呂場に持ち込む

・過去のシャワーで嫌な思いをした:無理やり押さえつけない

・目にシャンプーがしみる:顔の部分は濡らしたタオルを使いシャワーは顔にあたらないようにする

・自分の臭いが消えるのが嫌:シャンプー・リンスは、無香料のものを使う

 

成犬になってからいきなり自宅でシャンプーをしようとするは厳しいです。

子犬のうちから水遊び感覚で少しずつ慣らしてシャンプー嫌いならないように工夫していきましょう。

>>犬のシャンプーの最適な頻度についてはこちら♪

犬のシャンプーの最適な頻度は月にどれくらい!?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 シャンプー 嫌がる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬のシャンプーはいつからいいの!?注意点は!?

  • 愛犬が水を飲まない時の水分の摂取方法について

  • リモサボンの口コミや効果は嘘?楽天やAmazonよりも安く購入する方法!

  • 犬の歯石取りの値段はいくら?麻酔有りと無しの違いは!?

  • 犬の涙やけ!取り方や改善する方法について

  • 雨の日に犬の散歩はするべき!?散歩の方法を紹介!