1. TOP
  2. 病気
  3. 犬の花粉症の症状や対策について

犬の花粉症の症状や対策について

病気
この記事は約 6 分で読めます。
犬 花粉症 症状

寒い冬が終わりぽかぽか陽気の春がやってくる

過ごしやすい気温の春ですが、春には忘れてはならないあいつがやってきます。

そう、それは花粉症です。

花粉症に悩まされ春が嫌いという人は少なくないのではないでしょうか。

この花粉症ですが、花粉症は人間だけに起こる症状なのでしょうか?

犬の花粉症ってそういえば聞いたことないような

今回は犬の花粉症をテーマにまとめていきます。


犬にも花粉症があるの!?

犬 花粉症 ある

犬にも花粉症はあるの!?先に正解を言いますね、答えはあります

「犬にも花粉症があるなんて」と驚かれた方は少なくないのでは!?

見出し犬にこんな症状な出たら花粉症かも!

私たち人間の花粉症の症状といえば、

・くしゃみ
・鼻水
・目がかゆくなる

などの症状が代表的となっています。

では犬の花粉症の症状はどういった症状なのか、

・くしゃみ
・鼻水
・目がかゆくなる

なんと犬も人間も花粉症の症状は同じであるということが分かります。

これらの症状にプラスして、さらに犬は皮膚にも花粉症の症状が出るようです。

・皮膚を痒そうにかいている
・炎症を起こしている

といった症状が見られることがあるそうです。

ひどい場合、毛が抜けてしまうということもあるようで

これらの症状も花粉症である可能性が高いです。

くしゃみを連続でしてたら要注意!

犬の花粉症の症状に、くしゃみがあるということを先ほど紹介していきました。

しかし1回くしゃみをしたくらいでは花粉症とは言えません。

2回続けてもまだそれだけで花粉症と決めつけるには早いようです。

花粉症を疑うくしゃみは、長く連続に行うくしゃみです。

長く連続するくしゃみを何度も何度もする場合、それは花粉症の可能性が高いのですぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

連続したくしゃみを行うと、私たち人間は腹筋が痛くなるなど体に不調が出てきます。

犬も同じでくしゃみをすることで体力を消耗してしまうようです。

体の不調を解消してあげるためにも動物病院できちんと診断してもらいましょう。

スポンサードリンク

花粉によるアレルギー症状を起こしやすい犬種は!?

犬 花粉症 犬種

花粉によるアレルギー症状を起こしやすい犬種がいます。

・柴犬
・シーズー
・ゴールデンレトリーバー
・ラブラドールレトリーバー
・ダルメシアン
・ボストンテリア
・ビーグル
・プードル
・フレンチブルドック
・マルチーズ
・キャバリア

といった犬種が、アレルギー症状を起こしやすく花粉症になりやすいようです。

研究によってこのことは明らかにされています。

遺伝子的なもともとの体質により、このようにアレルギー症状が出やすい犬種となっているようです。

ではこれらの犬種以外はアレルギー症状を起こしにくく、また花粉症になりにくいのかと言われるとそうではありません。

個体や住んでいる環境で異なります。

しかしアレルギー症状が出やすい犬種がいるというのは事実ですので、自分の飼っている犬がアレルギー症状が出やすい犬かどうかはチェックしておく必要があるでしょう。

飼い犬が花粉症だと分かった場合

犬 花粉症 わかった

花粉症と思われる症状が愛犬に出たら動物病院へ連れていってあげて下さい。

そして花粉症であった場合は、動物病院で花粉症だと診断されるでしょう。

花粉症だと診断された場合、飼い主は愛犬のためにどのようなことをしてあげるべきなのかここで見ていきましょう。

散歩の後は毛をタオルで拭き取る

お散歩に行くと体(毛)に花粉がついてしまいます。

私たち人間も外を歩くことで花粉が洋服や髪についてしまうということがありますよね。犬も同じです。

私たち人間用として、花粉が付きにくい洋服というものが販売されています。

花粉症の人は花粉をカットするスプリングコートなどを着ている人もいるようです。

犬用にもたくさんの洋服が販売されていますよね。

中には花粉をカットする効果のある洋服も販売されているんです。

そのような洋服を散歩に行く時に着せることで、花粉が体に付きにくくなるのです。

しかしそれでも花粉は完璧にカットすることはできません。

そこでおすすめしたいのが、散歩の後にタオルでしっかり体を拭くという方法です。

濡れたタオルを用意し、しっかり体を拭いて下さい。

そうすることで花粉を体からきれいに取り除くことができます。

シャンプーもこまめにしてあげましょう。

そうすることで体についた花粉をきれいに洗い流すことができるようになります。

スポンサードリンク

花粉対策グッズを使う

花粉症対策グッズを使用して花粉を予防するという方法もあります。

花粉をカットする洋服は先ほど紹介しました、しかし犬によっては洋服を嫌がるケースもあります。

その場合におすすめしたい花粉対策グッズは静電気花粉防止スプレーです。

お散歩前にスプレーすることで花粉がつくことを防止してくれます。

対策グッズを使用し花粉をカットしていくことをおすすめします。

空気清浄機を置く

花粉を分解してくれる効果がある空気清浄機を部屋に置き花粉を予防していきましょう。

飼い主が花粉症の場合にも空気清浄機は大活躍してくれますよ。

犬が花粉症の時の散歩の注意点

犬が花粉症の場合、お散歩の時に注意しなければならないことがあります。

・草むらには入らない

草むらに入りたがる犬の場合、絶対に草むらに入って行かないようにしましょう。

草むらに入れば花粉が体に付きやすくなってしまいます。

道端に咲いている花にもできるだけ近づけないようにしていきましょう。

・花粉が多く飛んでいる時間帯は避ける

地域によって異なるようですが、一般的に13時~15時の時間帯がもっと花粉が多く飛んでいるんだとか。

この花粉が多く飛んでいる時間帯の散歩は避けるようにしましょう。午前中、夕方にお散歩に連れて行くことをおすすめします。

・雨が降った次の日は避ける

雨が降った次の日に花粉が多いことは有名です。

散歩は避ける、また散歩をしても短い時間とするようにしましょう。

また晴れて気温が高い日も同様です。

これらのことに注意してお散歩することで花粉症の症状を少なくすることができると言われています。

まとめ

犬 花粉症 まとめ

犬の花粉症をテーマにまとめていきました。

☑犬にも花粉症はある


☑花粉症の症状は犬も人間も似ているが犬は皮膚に症状が出ることがある


☑犬がくしゃみを連続でしていた場合は病院へ


☑アレルギー症状が出やすい犬種もいる


☑散歩のあとはしっかり体を拭いてあげシャンプーもいつもよりこまめに行う


☑洋服や花粉防止スプレーなど花粉対策グッズを使用する


☑花粉分解機能のある空気清浄機を使用し花粉対策


☑散歩の時には草むらには入らない


☑13時~15時の花粉が多く飛ぶであろう時間帯に散歩はしない

 

いかがでしたか?

私たち人間と同じように花粉症に苦しんでいる犬がいることが分かりましたね。

愛犬が花粉症の場合は今回紹介した対策方法で花粉対策を行ってあげましょう。

辛い花粉症の時期を元気で乗り越えることができることを祈っています。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 花粉症 症状

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬の軟便!改善する食材や食事方法について

  • 犬のいびきって病気が原因なの!?対策方法は!?

  • 犬の結膜炎の原因とは!?治療法や予防法について

  • 犬の寄生虫の症状や原因、予防法について

  • 犬の体温が低いのはなぜ!?原因や症状、対処法について

  • 犬の口臭のキツい!考えられる4つの原因と9つの対策方法について