1. TOP
  2. しぐさ・行動
  3. 犬の鳴き声がうるさくて心配!4つの対策方法を紹介!

犬の鳴き声がうるさくて心配!4つの対策方法を紹介!

犬 鳴き声 対策 (2)

犬はワンワン吠えたり、遠吠えをしたりして、鳴き声で何かを伝えようとすることが良くあります。

しかし、あまりに犬の鳴き声がうるさいと、近所迷惑ではないかと心配になる方も多いと思います。

こう言った犬の無駄吠えを止めさせるには、一体どうしたら良いのでしょうか?

そこで今回の記事では、犬のうるさい鳴き声の対策方法について説明したいと思います。


犬の鳴き声がうるさくて困る!対策法は!?

犬 鳴き声 対策

犬の鳴き声がうるさくて困っている場合、以下のような対策方法で早めに対処することが大切です。

犬の性格などによって効果のある対策方法は異なりますので、色々な方法を試してみましょう。

しつけトレーニングをする

犬の無駄吠えが多い場合は、それに対するしつけトレーニングが必要だと言われています。

吠え癖を放置していた場合は、すぐに改善するのは難しいため、根気よくトレーニングすることが大切です。

どうしても治らないという場合にはドッグトレーナーや訓練士に相談してみると良いでしょう。

鳴き声から理由を考える

犬の鳴き声が無駄吠えではなく、飼い主に何かを訴えていると言うこともあるそうです。

こういった場合に多いのは、食事が足りなくてお腹が空いている、散歩の量が足りないので運動不足になっているなどが多いと言われています。

心当たりがある場合は、犬の要求にこたえて改善するようにしましょう。

防音対策グッズを使う

対策方法を試したからと言って、すぐに無駄吠えが治まるという訳ではありません。

トレーニングを行う場合には、長い場合何か月もかかることもあるそうです。

そのため、ご近所への配慮として防音対策グッズを使用したほうが良いと考えられます。

例として、防音効果のある敷物や壁紙、カーテン、ケージやサークル、二重サッシなどが効果があると言われています。

またできるだけ窓を開けぱなしにしないようにすることも大切です。

ベットやトイレの配置を変えてみる

犬は何か不満がある時に無駄吠えをすることが多くあるそうです。

この場合、生活環境に何か不満があることが多いため、犬のベッドの位置やトイレの位置などを見直してみると良いでしょう。

>>犬が吠えてうるさい!苦情がこないための対策法とは!?についてはこちら

スポンサードリンク

犬の無駄吠えの原因は!?

犬 鳴き声 対策

犬の無駄吠えは人間にとっては騒音ですが、犬にとっては何かを強く訴えているという場合も考えられます。

犬の表情や行動、その場の状況などをよく観察し、無駄吠えの原因をしっかりと読み取ってあげることが大切です。

欲求によるもの

犬は飼い主に何かを要求する時に吠えることがあるそうです。

これは飼い主に構って欲しい、遊んでほしい、お腹が空いたなどの欲求から、飼い主の気を引くために鳴いていることが多いそうです。

犬のわがままであることも多いですが、犬が何を不満に思っているかよく考えてみると良いでしょう。

恐怖心によるもの

犬は何らかの原因によって恐怖を感じたときに、無駄吠えをすることがあるそうです。

これはその犬によって様々な理由がありますが、呼び鈴、雷、来客など犬にとって未知なものに対して反応していることが多いと言われています。

分離不安によるもの

犬が留守番の間に無駄吠えをする場合は、寂しさや不安感から鳴いていることが多く、ひどい場合は分離不安症という病気を引き起こすこともあるそうです。

分離不安症になると、無駄吠えだけでなく、粗相、物を破壊する、自傷行為などの問題行動が見られ、脈拍の上昇、ホルモンの分泌異常、胃腸障害などが起こることもあると言われています。

また、留守中に吠え続けることにがストレスになることもあるそうです。

痛みを感じている

犬は何らかの原因によって、痛みを感じている時に吠えることがあるそうです。

本来犬は痛みに強い動物であるため、痛みから鳴く場合には重大な病気や怪我などの恐れがあるそうです。

無駄吠えだけでなく、犬の様子が少しでもおかしい場合には、早急に動物病院を受診するようにしましょう。

縄張り意識によるもの

犬は縄張り意識の強い生き物であるため、自分の縄張りに侵入者がいた場合、気配を感じた場合などに吠えることがあると言われています。

老化によるもの

犬も人間と同じように認知症になることがあり、老化による脳の衰退から無駄吠えをすることもあるそうです。

この場合、原因が病気であるためしつけでは改善することができませんので、動物病院に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

近所に通報された場合は!?

犬 鳴き声 対策 (2)

犬の鳴き声がうるさく、近所の方に警察に通報をされた場合には、冷静に対処することが大切です。

騒音問題は民事に当たるため警察は介入できませんが、通報があれば様子を見に来てくれるそうです。

その際に感情的に対応すると話が大きくなってしまいますので、無駄吠えがあるのであれば非を認めて謝罪し、対策方法をとるようにしましょう。

また、無駄吠えがうるさいと自覚があるのであれば事前にご近所に謝罪し、対策をとる旨を伝えておくと良いでしょう。

まとめ

犬 鳴き声 対策 (3)

犬の無駄吠えは、犬が何かを訴えていることが多いようです。

しかし、飼い主にとってもうるさいと感じるものですから、ご近所の方にとってはひどい騒音であると考えたほうが良いでしょう。

一日家にいる方の中には、犬の鳴き声がうるさくてノイローゼ状態になったという方もいるようです。

このようにひどい状態になる前に、無駄吠えの原因を特定し、しつけやコミュニケーションなど適切な対処をすることが大切です。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

☑犬の無駄吠えが多い場合は、それに対するしつけトレーニングが必要

☑犬の鳴き声が無駄吠えではなく、飼い主に何かを訴えている場合は食事や散歩の量や内容などを見直すと良い

☑しつけなどの対策をしている間に近所迷惑にならないよう防音対策グッズを使用する

☑犬が何かを不満に感じ無駄吠えをしている場合には、ベッドやトイレなど生活環境を見直す

☑犬の無駄吠えの原因は、飼い主に何かを要求している、何かに恐怖を感じている、飼い主と離れることに不安を感じている、体のどこかに痛みを感じている、縄張り意識によるもの、老化によって認知症になっているなどが考えられる

☑犬の無駄吠えがうるさいため、近所の方から警察に通報された場合は、非を認めて謝罪し対策を取ることが大切

愛犬と快適に生活するためにも、犬の様子をしっかりと観察し、無駄吠えを改善できるように対策をとりましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 鳴き声 対策 (2)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬が威嚇する6つの原因別の対策やしつけのポイントとは!?

  • 犬の平均の睡眠時間は!?老犬の睡眠時間が増えたのはなぜ!?

  • 犬と猫の飼いやすさを比較!初めて飼うのにオススメなのはどっち?   

  • 小型犬にも散歩は必要!?散歩の回数や時間、距離について

  • 犬がトイレの前でうろうろして落ち着きがない理由と対策法

  • 犬の餌の年齢別・季節別の与え方や注意点について