1. TOP
  2. お手入れ
  3. 犬と猫の飼いやすさを比較!初めて飼うのにオススメなのはどっち?   

犬と猫の飼いやすさを比較!初めて飼うのにオススメなのはどっち?   

お手入れ しつけ 散歩 違い 飼育
この記事は約 6 分で読めます。
犬 猫 飼いやすさ (2)

犬と猫は2大ペットと知られ、大変人気となっています。

「犬か猫どちらかを飼いたいな~」と思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、犬と猫、初めて飼うのであればどちらが飼いやすいのかについて紹介していきます。

どちらを飼おうか悩んでいるという方は、ぜひ参考にして下さいね。


ぺットを飼いたい!犬と猫飼いやすいのはどっち!?

犬 猫 飼いやすさ

犬と猫、どちらが飼いやすいのでしょうか!?

今回は犬と猫、飼う上で知っておいて欲しいことを紹介していきます。

犬は散歩が必要だけど猫には必要ない

犬には散歩が必要で、猫は散歩が必要ありません。

そもそも、なぜ犬には散歩が必要なのでしょうか。

あなたはその理由を知っていますか!?

・運動不足を解消させるため

犬に散歩をさせる理由、それは運動不足を解消させるためです。

運動不足によりストレスがたまったり、肥満になりやすくなります。

これらを防ぐために、犬には散歩が必要となるのです。

では猫はどうなのでしょう。

犬は歩いたり走ったりという動きなので、室内では充分な運動量を確保しにくいです。

しかし猫は歩いたり走ったりにプラスして物に飛び乗ったりということができます。

そのため猫は室内でも充分運動量を確保することができるんです。

キャットタワーなど猫用のアイテムが充実していることからも分かりますよね。

・社交性が必要であるから

犬はもともと群れで生活をする動物です。

しかしペットとして飼われている犬は、多頭飼いでなければ他の犬と交流する機会はなかなかありません。

それでは社交性が見に付かず、防衛本能が強くなってしまい、攻撃性の高い犬になってしまいます。

一方猫は単独行動を好む動物です。

そのため家に一人でも問題ないのです。

このような理由から、犬に散歩が必要で猫に散歩が必要ないのです。

スポンサードリンク

犬と猫どっちがしつけしやすいの!?

犬はもともと群れで行動する動物で、群れのリーダーを決めたらそのリーダーに従って行動していました。

犬は主従関係がしっかりしており、飼い主が自分よりも上であるということを認識すれば、言うことを聞いてくれるため、しつけしやすいです。

犬を飼うときに不安な人が多い無駄吠えですが、しっかり主従関係を作りしつけを行えば、無駄吠えをすることもなくなります。

一方猫ですが、猫は群れを好まない傾向にあります。

しかし言うことを聞かないということはなく、基本的なことは覚えるのが早いです。

猫はきれい好きな子が多く、そのためトイレのしつけは完璧になるのが早い子が多いです。

どちらがしつけやすいかということですが、覚えるのが早く楽なのは猫かもしれません。

散歩に連れて行く必要もありませんし。

犬は散歩に連れて行くときのしつけなども必要になりますもんね…。

また個体によって大きく差がありますので、どっちが楽かは一概には言えません。

犬と猫の鳴き声の違いは!?

犬の鳴き声は「ワン」で、猫の鳴き声は「ニャー」です。

犬と猫の鳴き声が違うということは子供でも知っている基本的なことです。

犬と猫、それぞれがそれぞれに通じる言葉を使ってコミニケーションを取っているのです。

犬と猫のお手入れの違いは?

犬はお散歩が必須です。

お散歩に行く=外にでるわけで、つちほこりなどで体が汚くなってしまいます。

そのためシャンプーが必要です。

猫も飼い方によっては外に出ることもありますが、自分で毛づくろいをすることができます。

自分できれいにすることができるため猫にシャンプーは必要ありません

ブラッシングは犬も猫も行う必要がありますが、猫はやはり自分で毛づくろいをするため、犬と比べると飼い主がなにかお手入れをしないといけないということは少ないのかなと思います。

スポンサードリンク

犬と猫の飼育費用の違いは!?

犬を飼う場合、まずかかってくる費用が、

・畜犬登録費用
・狂犬病予防の注射代
・混合ワクチンの接種

などが必要となります。

どれも必要なもので、結構高いんです。

そして飼育する場合、

・ケージ(犬小屋)
・トイレ
・エサ入れ、水入れ
・リード
・おもちゃ

など飼育するうえで必要となるものにもお金がかかります。

これらのものはいわゆる初期費用です。

ここまでで小型犬で平均6万円、大型犬なら10万はかかります。

そして犬を飼う場合に継続的にかかるのが餌代です。

犬の餌代は個体差によりますが、だいたい月に5,000円ほどとなっています。

では次に猫を飼う場合にかかってくる費用について見ていきます。

・予防接種

猫にも予防接種は必要です。

しかし犬と違って登録料などはかかりません。

そして飼育する場合、同じように、

・ケージ
・トイレ
・エサ入れ、水入れ
・おもちゃ

などが必要となります。

キャットタワーなどを飼うと値段が跳ね上がりますが、飼わないで考えると、初期費用は4万円くらいではないでしょうか。

餌代についてですが、猫の餌代はだいたい月に3,500円程度になるようです。

値段だけ見ると猫の方がかかりませんが、猫の方がお金がかからないから猫を飼うという考え方でペットを飼うのはおすすめしません。

なぜなら個体によっては病気になってしまう子もおり、犬や猫は保険が効かないためお金がかかってしまうからです。

動物を飼うのであれば、金銭的な余裕は必要となるでしょう。

ひとり暮らしの場合に飼いやすいのはどっち!?

犬 猫 飼いやすさ (3)

一人暮らしの方で犬か猫を飼おうと考えている場合、どちらがいいのでしょうか。

猫の方が飼いやすい理由とは!?

犬 猫 飼いやすさ (4)

一人暮らしの方の場合、猫がおすすめです。

その理由ですが、まず第一に散歩に行く必要がないからです。

キャットタワーなど猫が遊べるものを用意しておいてあげれば運動不足を心配する必要はありません。

また、猫の性格上マイペースであるため、飼い主が居ても居なくても気にする子が少ないという特徴があります。

こういった理由から、猫の方が飼いやすいと言われています。

まとめ

犬 猫 飼いやすさ (5)

犬と猫ではどちらが飼いやすいのかということについて紹介していきました。

☑犬は運動不足の解消、ストレスの軽減、社交性を高めるために散歩が必要

☑猫は室内でも自由自在に行動できるため散歩をしなくても運動不足になりにくい

☑主従関係が出来ていれば犬の方がしつけしやすいが猫はトイレを覚えるのが早い

☑犬の鳴き声は「ワン」猫の鳴き声は「ニャー」

☑犬はシャンプーが必要だが猫は自分で毛づくろいができるためシャンプーは不要

☑犬派登録料や予防接種も多いためお金がかかりやすい

☑一人暮らしの方は散歩の必要がなく一人でも平気な猫を飼うのがおすすめ

いかがでしたか!?

犬と猫、どちらを飼おうか迷っているのであれば、ぜひ参考にして下さいね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 猫 飼いやすさ (2)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬のシャンプー!トリミングの値段や料金はいくら!?

  • 散歩中に犬が吠えてしまう!5つの原因や止めさせる方法は!?

  • 犬が急にトイレを失敗するようになった!原因や対策とは!?

  • 犬と猫は仲良く同居できるの!?同居のポイントや必要な物とは? 

  • geleeWANアイケアは涙やけには効果なし?初回100円で健康的な目を♪

  • 犬が首輪を嫌がるの原因と慣れさせる為の対策方法について