1. TOP
  2. お手入れ
  3. あなたの愛犬の肉球の色は!?変わる原因やケア方法について

あなたの愛犬の肉球の色は!?変わる原因やケア方法について

お手入れ 散歩 病院
この記事は約 6 分で読めます。

犬の肉球の色が子犬の頃と違うと思ったことのある方も多いと思いますが、犬の肉球は成長過程で色が変化することが良くあるそうです。

しかし、成長期以外で色に変化がある場合は、肉球に何か問題が起こっている可能性が考えられます。

そこで今回の記事では、犬の肉球の色が変わる原因とケア方法について説明したいと思います。


犬の肉球にはどんな役割があるの!?

犬 肉球 色 (2)

犬の肉球は、表面が厚い角質層で覆われ、衝撃や熱などから守る役割をしていますが、現在の犬は固いアスファルトやコンクリートの上を歩くことが多く肉球に負担がかかっていると言われています。

特に夏の熱いアスファルトやコンクリートで火傷をする犬も増えているそうです。

また、肉球には汗腺があり、犬が唯一汗をかく場所でもあり、これによって体温の調節を行っていると言われています。

犬の肉球の色は変わる!?

犬 肉球 色 (3)

犬の肉球の色が変化する原因として、遺伝によるものや色素沈着による変化が考えられています。

遺伝による変化の場合、その犬によって本来持っている色素が異なるため、色の変化も様々な形で表れることが多いそうです。

また、子犬が成長する過程で色素沈着が起こり、色が変化することも多いようです。

この場合、子犬の頃はピンク色だったものが成長するにつれ黒くなると言う場合が多いですが、遺伝やメラニン色素の量によってまだらになったり、2色に分かれると言うこともあるそうです。

他に何か症状がなければ心配ありませんが、色が変化し安定するまでは、しっかりと様子を観察するようにしましょう。

犬の肉球の色が薄く変わる原因

犬の肉球の色は変化することが良くありますが、色が薄くなってきたという場合には注意が必要だと言われています。

通常、肉球の色の変化は色素沈着によって起こることが多く、その場合、色が濃くなると考えられています。

そのため、色が薄くなった場合には他の原因が考えられ、肉球の状態を良く観察することが大切です。

考えられる原因としては乾燥が挙げられ、その場合、白っぽくなっていたり、カサカサになりひびが入っているように見えることが多いと言われています。

痛がる様子がないのであれば、そのままにしても問題はありませんが、肉球を濡らさないようにする、靴下を履かせるなど対策をとり、さらに乾燥が悪化しないように注意しましょう。

犬の肉球の色が濃く変わる原因

犬の肉球の色が濃くなったという場合は、前述の通り、遺伝やメラニン色素が多いと言うことが考えられます。

このメラニン色素は有害物質から体を守る作用があるため、肉球の色が濃い方が病気になりにくいそうです。

また、長時間の散歩を日課にしている場合は、路面との摩擦や熱、紫外線などの影響によって肉球が硬くなり色が濃くなったように見えることもあると言われています。

この場合、肉球が硬くなることで、怪我などから身を守ろうとしていると考えられています。

犬の肉球の色が赤く変わる原因

犬の肉球の色が赤みを帯びてきた場合は、何らかの原因により内出血や炎症を起こしている可能性があると言われています。

肉球が炎症を起こしている場合に多く見られるのが指間炎と言う病気で、散歩中の肉球の怪我や火傷、散歩やシャンプー後の足の拭きすぎ、足の洗いすぎ、アレルギー、ストレスなどが原因で起こるそうです。

犬の肉球の色の変化で病院に行った方がいい場合は!?

犬 肉球 色 (4)

普段から犬の肉球をよく観察し、明らかに自然の色の変化ではないと感じた場合は、病気や怪我などの可能性が考えられます。

特に、上記のように、犬の肉球の色が赤みを帯びていたり、腫れや出血が見られる、頻繁になめているなどが見られる場合は、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

犬の肉球のトラブル別のケア方法!

犬 肉球 色 (5)

犬の肉球は様々な原因によってダメージを受けていることが多く、普段からケアしてあげることが大切です。

肉球が乾燥している場合

犬の肉球のトラブルでよく見られるのが乾燥によるかさつきやひび割れだと言われて、この乾燥の原因は、散歩の後の足の拭きすぎや洗いすぎにあると考えられています。

一般的に、散歩の後は足の汚れを取るために、ウエットティッシュや濡れたタオルなどで拭く、お風呂場などで足を洗うと言う場合が多いようですが、1日2回毎日足を濡らすことが乾燥がひどくなってしまう原因になるそうです。

あまりにも汚れがひどい場合は別ですが、普段の散歩の後は乾いたタオルなどでさっと汚れを取る程度が、肉球のためには良いと言われています。

また、乾燥がひどく、切れて出血をしている場合には、動物病院で適切な処置をしてもらうようにしましょう。

肉球に傷ができた場合

散歩中に何かを踏んで怪我をしてしまった、路面との摩擦で擦れて出血してしまったなどと言う場合は、傷から細菌などが入り込む恐れがありますので、動物病院で適切な治療を受けるようにしましょう。

また、そのまま歩き続けると悪化する恐れがありますので、犬用の靴や靴下などで保護してあげる良いでしょう。

肉球がやけどしてしまった場合

夏の散歩の際に、熱くなったアスファルトやコンクリートの上を歩かせると肉球が火傷をすることがあるそうです。

この場合、早めに動物病院へ行くことをおすすめしますが、そのまま歩き続けると悪化する恐れがありますので、犬用の靴や靴下などで保護してあげるようにしましょう。

また、夏の暑い時期は早朝や夜間に散歩の時間を変え、歩く前にアスファルトに手をあてて温度を確かめてみると良いそうです。

土や草の上ならば熱くなりすぎることはないですから、公園や河川敷などに車で連れていくのも良いでしょう。

まとめ

犬 肉球 色 (6)

犬は常にはだしで歩くため、肉球には身を守るために様々な機能が備わっているそうです。

しかし、散歩の際に固いアスファルトやコンクリートの上を歩くことが多いため、肉球に負担がかかったり、傷ついたりすることも多いと言われています。

そのため、普段から犬の肉球をよく観察し、色や状態に異常が見られる場合には、適切な対処をすることが大切です。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

 

☑犬の肉球は、厚い角質層で衝撃や熱などから守る役割や汗腺によって体温の調節をする役割がある

☑犬の肉球の色は遺伝によるものや色素沈着によって変化する

☑犬の肉球の色が薄くなった場合、乾燥が原因と考えられ、カサカサになりひびが入っているように見えることがある

☑犬の肉球の色が濃くなった場合、遺伝やメラニン色素が多い、また路面との摩擦などの影響によって肉球が硬くなり色が濃くなったように見えることがある

☑犬の肉球の色が赤みを帯びてきた場合、内出血や指間炎による炎症を起こしている可能性がある

☑犬の肉球の色が赤みを帯びていたり、腫れや出血、頻繁になめているなどが見られる場合は早めに動物病院を受診する

☑肉球が乾燥している場合のケア方法は、散歩の後は足を濡らさず、乾いたタオルなどで拭く

☑肉球に傷ができた、やけどしてしまった場合は動物病院で適切な処置をし、靴下や靴で保護する

 

犬の肉球は犬にとって重要な役割があるため、飼い主がしっかり管理し、適切なケアを行うようにしましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 愛犬が水を飲まない時の水分の摂取方法について

  • 犬の結膜炎の原因とは!?治療法や予防法について

  • 犬が散歩中に止まって歩かない時の6つの原因と対策方法

  • 犬がお風呂やお風呂後に暴れる原因と止めさせる方法とは?

  • 犬の肉球は乾燥する!?簡単なケア方法をご紹介!

  • 犬の骨折の症状と治療方法について。治療費はどれくらいかかるの!?