1. TOP
  2. 種類
  3. 失敗しない!犬の首輪の選び方。サイズの見方や種類をご紹介

失敗しない!犬の首輪の選び方。サイズの見方や種類をご紹介

種類
この記事は約 7 分で読めます。
犬 首輪 サイズ

犬を飼育するときに必要となるのが首輪ですが、首輪はただ付けているだけではなく、犬の生活に欠かせない大切な役割もあるそうです。

また、犬種や性格、体格などによって必要となる首輪は異なると言われています。

そこで今回の記事では、犬の首輪の選び方、サイズの見方や種類について説明したいと思います。


犬の首輪の役割って何!?

犬 首輪 サイズ (2)

首輪は犬の散歩に欠かせないアイテムであり、2つの重要な役割があるそうです。

一つはリードをつなぐ役割、もう一つは飼い主がいると言う目印、迷子札としての役割です。

犬に首輪を付けることで、リードを繋ぐことができ犬の安全を守り、安心して散歩や遊びを行うことができるとされています。

また、首輪を付けていれば迷子になった場合に、すぐに飼い主がいることを伝えることができます。

万一飼い犬と離れてしまった際に、首輪は飼い主と犬を繋ぐ大切な手掛かりになるそうです。

犬の首輪の選び方について

犬 首輪 サイズ

犬の首輪は犬の種類や体格などによって選び方が異なるそうです。

初めて首輪を付ける場合は、あまり負担のかからないものが良いと言われています。

また、トレーニングに使用する場合にも選ぶ首輪は異なるそうです。

犬に適した首輪のサイズの選び方

犬の首輪を選ぶ際には、飼い犬に適したサイズを選ぶことが大切です。

サイズが小さいと犬に負担がかかり、病気などを引き起こすこともあるそうです。

反対に大きすぎると、散歩中に外れてしまったりする恐れがあり、事故につながることもあるとされています。

 犬に適した首輪の素材は!?

犬の首輪は様々な種類が市販されており、素材も皮やナイロン、金属など色々な中から選ぶことができます。

見た目だけではなく、犬にとって適切な素材を選ぶことが大切です。

合皮素材の首輪は、比較的安価で購入でき、水に強く汚れもつきにくいのが特徴です。

ただし、耐久性が悪く、劣化が早いと言われています。

ナイロン製の首輪も比較的安価ですが、耐久性が良く劣化しにくいと言われています。

また、軽量なので犬に負担をかけないそうです。ただし、静電気を発しやすいと言われていますので注意が必要です。

金属製の首輪は耐久性は高いですが、錆びやすく、重いので犬に負担がかかると言われています。

また首周りの毛が絡まりやすく、金属アレルギーが出ることもあるそうです。

本革製の首輪は比較的高価なものが多いようですが、耐久性は高く劣化しにくい、通気性が良い、使い込むほどに馴染む、犬の体温や湿気にもよく馴染むなどの特徴があります。

ただし、使い始めは素材が硬いため馴染むまでに時間がかかるので、皮膚が擦れて炎症を起こすことがあるそうです。

また、水に弱く、定期的にメンテナンスをしないとカビが生えることもあるとされています。

首輪に使用されていることが多い素材には、上記のような特徴があります。飼育環境などを考慮して、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

首輪の耐久性を見る

犬の首輪は頻繁に取り換えるものではないので、耐久性をよく見ることが大切です。

また、外飼いなどで雨に濡れることが多い場合は、水に強い素材を選んだほうが良いでしょう。

本革や金属製の首輪は耐久性は高いですが、頻繁に水に濡れるようであれば避けたほうが良いそうです。

いくら耐久性が高くても、使用頻度などによって持ちが異なりますので、定期的に交換することをお勧めします。

スポンサードリンク

犬の首輪の種類は何がある!?

犬 首輪 サイズ (2)

犬の首輪は素材も重要ですが、形も様々あり、飼い犬の性格や体格、使用目的に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

ベルトタイプ

ベルトタイプの首輪は、人間のベルトと同じ構造でベルトホールに金具を差し込んで留めるため、サイズ調整がしやすく、長期で使用できるそうです。

また、本革を使用していることが多く、大変丈夫なため引きの強い犬や大型犬に向いていると言われています。

しかし、金属を使用しているため重量があること、水に弱いので定期的なメンテナンスが必要なことがデメリットとして挙げられます。

バックルタイプ

バックルタイプの首輪は、留め具がプラスチックのため軽量で小型犬や子犬でも装着でき、値段もリーズナブルなものが多いようです。

また、種類も豊富でファッション感覚で楽しめると言われています。

ただし、プラスチックは劣化が早く、壊れやすいので定期的なチェックが必要です。

チェーンチョークタイプ

チェーンチョークタイプの首輪は、鎖でできていて、リードを引くと鎖が締まり、トレーニングやしつけの効果が高いと言われています。

重量があるので小型犬には不向きで、大型犬や引きの強い犬に向いていますが、首に負担がかかるので呼吸器系の病気がある犬は使用を避けたほうが良いでしょう。

使用が難しいため、正しく使用するには、トレーナーの指導を受ける必要があるとされています。

安易に使用すると頸部や気管にダメージを与える危険性があり、装着したまま係留することは、命に関わる程の危険があるそうです。

また、鎖が擦れるため、毛が絡んだり、皮膚が炎症を起こすこともあるようです。

ハーフチョークタイプ

ハーフチョークタイプの首輪は、首輪の半分が鎖でできており、リードをひくことで鎖が締まるので、トレーニング、しつけの効果が高いと言われています。

力の強い中型犬以上の犬に向いており、チェーン部分が少ないので、チョークチェーンタイプのものよりも負担が少ないとされています。

しかし、チョークチェーンタイプと同じように、頸部や気管にダメージを与える危険性があり、装着したまま係留すると、命に関わることもありますので注意が必要です。

プレミアカラー

プレミアカラーはナイロンでできたハーフチョーク型の首輪で、トレーニング、しつけ効果が高いと言われています。

チェーンタイプよりも首の締め付け事故が少なく安全で軽量、毛切れなどもなく皮膚にも優しいそうです。

スポンサードリンク

マーチンゲール

マーチンゲールもプレミアカラーと同じように、ナイロンや布でできたハーフチョーク型の首輪です。

特に欧米で人気があると言われています。

ジェントルリーダー

ジェントルリーダーは口にも巻き付けるタイプの首輪で、引っ張り癖のある犬に効果的だと言われています。

普段に使うものではなく、トレーニング時に使用するものですが、嫌がる犬も多いようです。

ハーネス

首輪を嫌がる場合やシニア犬などには、首輪の代わりに胴回りに装着するハーネスを使用することも多いそうです。

また、疾患がある場合など頸へ負担をかけたくない時にもハーネスが使用されているようです。

首輪とハーネスの違いは何!?

犬 首輪 サイズ (3)

首輪は名前の通り首に装着しますが、ハーネスは胴回りに装着します。

どちらも散歩には欠かせないものですが、それぞれメリットデメリットがありますので、飼い犬の性格や年齢、疾患などを考慮して選ぶようにしましょう。

首輪のメリット・デメリット

首輪のメリットは装着が簡単で、そのまま生活できること、初めてつけても慣れやすい、デザインが豊富、飼い主の指示が伝わりやすいので、トレーニングに効果的な点が挙げられます。

しかし、引きが強い犬や首に疾患のある場合は、首への負担が大きいため向いていないと言われています。

ハーネスのメリット・デメリット

ハーネスのメリットは、胴部分に装着するため体への負担が少ない、首への負担がないので首に疾患のある犬でも使用できる、体から抜けにくく、シニア犬の歩行補助具としても役立つなどと言う点が挙げられます。

しかし、付けたままにできないため、毎回装着する手間がかかる、飼い主の指示が伝わりにくいためトレーニングには向いていないなどのデメリットもあるそうです。

まとめ

犬 首輪 サイズ (4)

首輪は飼い主と犬を繋ぐ大切なアイテムです。

飼い犬の安全を守り、楽しく散歩ができるように最適な首輪を選びましょう。

また、首輪は消耗品ですから、定期的にチェック、交換することも重要です。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

☑首輪にはリードとつなぐ役割、飼い主がいると言う目印としての役割がある

☑首輪はサイズ、素材、耐久性、種類をよく見て選ぶ

☑首輪の素材は合皮、ナイロン、金属、本革などがありそれぞれに特徴がある

☑首輪の種類は様々で、飼い犬の性格や体格、目的によって選ぶ

☑首輪は頸に負担がかかるが、ハーネスは胴体部部に装着するためかかる力が分散される

☑首輪を嫌がる、首に疾患がある、シニア犬などはハーネスがおすすめ

犬の首輪には様々なものがあり、飼い犬に合ったものを選ぶことができます。

また、犬が首輪を嫌がるようであれば、ハーネスの使用を検討してみましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 首輪 サイズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 初心者におすすめ!飼いやすい小型犬11選!

  • テリア犬の種類別の特徴や性格についてのまとめ。

  • 性格が穏やかで優しい犬11種類をご紹介!

  • 日本スピッツってどんな犬?性格や特徴についてのまとめ。

  • 犬の種類「イタリアングレーハウンド」の特徴や飼い方

  • 外国別に人気の犬の名前をご紹介!