1. TOP
  2. 種類
  3. 犬のしっぽは何種類あるの!?特徴や犬種について

犬のしっぽは何種類あるの!?特徴や犬種について

種類
この記事は約 6 分で読めます。
犬 尻尾 種類

犬を飼っているという方は多いですが、犬のしっぽについて詳しいと言う方は少ないと思います。

実は、犬のしっぽにはたくさんの種類があり、それぞれ特徴が異なり、名前が付けられているそうです。

そこで今回の記事では、犬のしっぽの種類と特徴、犬種について説明したいと思います。


犬の尻尾の作りについて

犬 尻尾 種類 (2)

犬のしっぽは背骨から続く尾骨でできており、犬種によって差がありますが6~23個位の小さな骨が組み合わさったものだと言われています。

この尾骨の周りは筋肉で覆われており、そのため犬はしっぽを自由に動かすことができるそうです。

犬のしっぽを引っ張ったりすると嫌がることが多いのは、しっぽは脊椎の先端の一部であり、神経や筋肉が豊富に集まっているためだとされています。

また、しっぽが短い犬種の中には、犬種の標準に合わせるため、人為的にカットしている犬種もあるそうです。

このカットされたしっぽは断尾と呼ばれ、問題な点もあると言われています。

スポンサードリンク

4つの犬の尻尾の短い種類や犬種

犬 尻尾 種類 (3)

犬のしっぽには犬種ごとに様々種類があり、それぞれ異なる特徴を持っているそうです。

以下の4種は、比較的短いしっぽの種類です。

スクリューテイル

スクリューテイルは生まれつき短く、コルク抜きのようにくるくるとらせん状に巻いているしっぽのことを指し、スクリューテイルを持つ代表的な犬種にはブルドッグやパグなどがいるそうです。

ボブテイル

ボブテイルは生まれつきしっぽがなかったり、生後に断尾し短くしたしっぽのことを指し、ボブテイルを持つ代表的な犬種にはウェルシュコーギーやイングリッシュシープドッグなどがいるそうです。

キンクテイル

キンクテイルは根元近くからよじれているように曲がっているしっぽのことを指し、キンクテイルを持つ代表的な犬種にはフレンチブルドッグなどがいるそうです。

ウイップテイル

ウイップテイルは鞭尾とも呼ばれ、背中と同じくらいの高さにまっすぐと伸びた、ムチのようなしっぽのことを指し、ウイップテイルを持つ代表的な犬種にはイングリッシュセッターなどがいるそうです。

10の犬の尻尾の長い種類や犬種

犬 尻尾 種類 (5)

他にも犬のしっぽには様々な種類があり、以下の10種は比較的長いしっぽの種類です。

垂れ尾

垂れ尾は、お尻の下に自然な状態で垂れさがっているしっぽのことを指し、垂れ尾を持つ代表的な犬種にはセントバーナードやシベリアンハスキーなどがいるそうです。

犬の中で、最も多くみられるしっぽの種類だとされています。

 飾り尾

飾り尾は、羽状のふさふさの飾り毛が全体を覆い、お尻の下に垂れ下がっているしっぽのことを指し、飾り尾を持つ代表的な犬種にはゴールデンレトリバーやロングコートミニチュアダックスフンドなどがいるそうです。

立ち尾

立ち尾は、お尻から垂直に立ち上がっているしっぽのことを指し、立ち尾を持つ代表的な犬種にはジャーマンシェパードやビーグルなどがいるそうです。

スポンサードリンク

鎌尾

鎌尾は、鎌の刃のようにゆるやかな曲線を描くしっぽのことを指し、鎌尾を持つ代表的な犬種にはチワワなどがいるそうです。

オッターテイル

オッターテイルは根元が太く丸く、先端に行くにつれて細くなるしっぽのことを指し、オッターテイルを持つ代表的な犬種にはラブラドールレトリバーなどがいるそうです。

オッターテイルはカワウソのように、水中でたくましく動くことができるしっぽだと言われています。

リス尾

リス尾は、リスのしっぽのようなふさふさの毛に覆われ、身体の上に巻き上がり、背中に背負っているような形状のしっぽのことを指し、リス尾を持つ代表的な犬種にはパピヨンなどがいるそうです。

巻き尾

巻き尾は、お尻から背中に向かって身体の上にくるんと巻いたしっぽのことを指し、巻き尾を持つ代表的な犬種には柴犬や秋田犬などがいるそうです。

輪尾

輪尾は円を描くように丸くカーブしているしっぽのことを指し、輪尾を持つ代表的な犬種にはアフガンハウンドなどがいるそうです。

差し尾

差し尾は鎌尾と同じようなゆるやかな曲線を描く形状で、鎌尾よりも低めの背中側に湾曲しているしっぽのことを指し、差し尾を持つ代表的な犬種には四国犬などがいるそうです。

ラットテイル

ラットテイルは根元は太く柔らかい巻き毛で、先端は細く毛が無いネズミのしっぽのような形状のしっぽのことを指し、ラットテイルを持つ代表的な犬種にはアイリッシュウォータースパニエルなどがいるそうです。

ラットテイルは珍しいタイプのしっぽで、日本ではあまり見かけることができないとされています。

まとめ

犬 尻尾 種類 (4)

飼い犬以外の犬のしっぽをよく見ていると言う方は少ないと思いますが、犬のしっぽには犬種によってたくさんの種類があり、名前も付けられています。

また、犬のしっぽには身体のバランスをとったり、様々な感情を表現し、飼い主や犬同士のコミュニケーションをとるための役割もあるそうです。

このように犬にとってしっぽはとても大切なものですから、怪我などのないように注意してあげるようにしましょう。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

☑犬のしっぽは背骨から続く尾骨でできており、筋肉で覆われているため自由に動かすことができる

☑犬のしっぽの種類は犬種によって様々あり、それぞれに異なった特徴と名前を持つ

☑比較的短いしっぽの種類と代表的な犬種は、スクリューテイル(ブルドックなど)、ボブテイル(コーギーなど)、キンクテイル(フレンチブルドッグなど)、ブリュームテイル(イングリッシュセッター)などがある

☑比較的長いしっぽの種類と代表は、垂れ尾(セントバーナードなど)、飾り尾(ゴールデンレトリバーなど)、立ち尾(ビーグルなど)、鎌尾(チワワなど)、オッターテイル(ラブラドールレトリバーなど)、リス尾(パピヨンなど)、巻き尾(柴犬など)、輪尾(アフガンハウンドなど)、差し尾(四国犬など)、ラットテイル(アイリッシュウォータースパニエルなど)などがある

犬種の特性に合わせて、しっぽにも特徴があります。

犬の散歩の際には、飼い犬だけでなく他の犬のしっぽも観察してみてはいかがでしょうか?

>>犬のしっぽの振り方で犬の気持ちを読み取ろう!についてはこちら

犬のしっぽの振り方で犬の気持ちを読み取ろう!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 尻尾 種類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬の種類「イタリアングレーハウンド」の特徴や飼い方

  • 性格が穏やかで優しい犬11種類をご紹介!

  • 犬の血液型の種類や性格との関係性について!輸血の時はどうする!?

  • 外国別に人気の犬の名前をご紹介!       

  • 中型犬のおすすめの種類ランキング16選!

  • 大型犬のおすすめの種類ランキング12選と世界の超大型な犬種8選!