1. TOP
  2. お手入れ
  3. 犬の歯石取りの値段はいくら?麻酔有りと無しの違いは!?

犬の歯石取りの値段はいくら?麻酔有りと無しの違いは!?

お手入れ 病院
この記事は約 6 分で読めます。
犬 歯石 値段

犬の歯のトラブルで多い歯石の付着は、歯肉炎や歯周病と言う病気につながる恐れがあります。

歯石除去を自宅で行う方もいますが、動物病院で麻酔をかけて行うのが一般的な方法のようです。

しかし、動物病院では一体どんな方法で歯石除去を行い、どの位の費用がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、犬の歯石取りの値段について説明したいと思います。


動物病院で犬の歯石を取る場合の値段

犬 歯石 値段 (2)

動物病院で犬の歯石除去を行う場合、麻酔を使用する場合と使用しない場合があり、どちらを選択するのかによって料金も異なり、また、犬の大きさによっても料金は変わります。

目安としては麻酔をして歯石除去する場合20.000~50.000円位麻酔なしの場合10.000円以内が相場だと言われています。

また麻酔あり、なしどちらの場合もメリット、デメリットがあり、施術を受ける前に獣医師にしっかりと相談することが大切です。

スポンサードリンク

麻酔ありの場合の内容

麻酔をして歯石を除去する場合の料金は、前述のように20.000~40.000円位だと言われていますが、その中には歯石除去費用だけではなく、術前の検査費用なども含まれているそうです。

病院によって内容は異なりますが、一般的には診察料、血液検査料、レントゲン検査料、麻酔費用、血管確保費用、歯石処置費用などが含まれていることが多いそうです。

また、麻酔費用、歯石処置費用は大型犬ほど高くなり、さらに歯石の付着の状態によっても料金が変わると言われています。

歯石の処置費用には、一般的に超音波を使用したスケーリングと仕上げに歯の表面を磨くポリッシングが料金に含まれ、これは麻酔の有無に関係なくかかるそうです。

麻酔ありのメリット・デメリット

麻酔をして歯石除去を行うメリットは、犬に恐怖や痛みを与えずに綺麗に歯石を取ることができる点が挙げられますが、麻酔にはリスクが伴い、犬の体に大きな負担を与え、命に関わる事故につながる恐れもあると言うデメリットもあります。

また、シニア犬や持病のある犬は、麻酔の負担が大きすぎるため施術が行えないこともあるそうです。

麻酔なしの場合の内容

麻酔なしで歯石除去を行う場合、前述のように超音波でのスケーリングと仕上げのポリッシングを行うそうです。

麻酔や検査費用がかからないため、10.000円円以内で行えるとされていますが、病院によってかかる費用は異なりますので、事前に問い合わせると良いでしょう。

麻酔なしのメリット・デメリット

麻酔なしで歯石除去を行うメリットは、麻酔による身体への負担や事故を防ぐことができるので、命の危険がないという点が挙げられますが、痛みや恐怖感から暴れる犬が多い、そのため細かい部位の除去が困難、口内を怪我する危険がある、そして1回で済ませることができずに複数回行わなくてはならないこともあるというデメリットがあるそうです。

スポンサードリンク

トリミングや専門のお店で犬の歯石を取る場合の値段

犬 歯石 値段 (3)

麻酔を使用しない犬の歯石除去は動物病院だけでなく、トリミングサロンやペットショップなどでも行えるそうです。

トリミングサロンでは、シャンプーやカットのコースのオプションとして設定されていることが多く、一般的に1.000~3.000円プラスすることで行えるそうです。

他にもペットショップやしつけ教室などで行っているところもあり、費用は5.000~20.000円程と言われています。

ただし、無麻酔の歯石除去は獣医師の免許なしでも行えるため、怪我などのトラブルも多いようですので注意が必要です。

トリミングで行う場合の内容

トリミングサロンなどで行われる無麻酔の歯石除去は、スケーラーや鉗子などで手作業で行われることが多いようです。

そのため、動物病院で行う麻酔下での超音波スケーラーでの歯石除去と比べると、裏まで綺麗に取り除くと言うことはできないとされています。

また、犬が暴れることにより口内を怪我したりと言うトラブルも多いと言われています。

トリミングや歯石取りに慣れている場合は検討しても良いですが、初めて連れていくと言うような場合は避けたほうが良いそうです。

犬の歯石取りに保険は適用されるの!?

犬 歯石 値段 (4)

近年では犬の治療費のために、ペット保険に入っている方も多いですが、歯石除去は保険会社によって対応が違うとされています。

歯周病の治療のための全身麻酔による歯石除去の場合は、保障される保険会社が多いそうです。

しかし、乳歯の残存や、歯周病予防のための歯石除去、無麻酔での歯石除去などは保証されない場合が多いようですので、事前に保障対象を確認すると良いでしょう。

まとめ

犬 歯石 値段 (5)

犬の歯石は放置すると歯周病に進行し、犬の健康に大きな影響を与えると言われています。

そのため、歯石の除去は犬にとって必要な処置だと考えられますが、どの方法であっても多少のリスクがかかります。

歯石処置を考えている場合は、麻酔を使用するのか、どこで行うのかを事前にしっかりと検討してから行うようにしましょう。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

☑動物病院での歯石除去は麻酔ありで20.000~50.000円程、麻酔なしで10.000円以内

☑歯石処置の内容は超音波を使用したスケーリングと歯の表面を磨くポリッシング、麻酔ありの場合はさらに術前検査、血管確保、麻酔処置を行う

☑麻酔ありの場合のメリットは犬に恐怖や痛みを与えずに綺麗に仕上がる、デメリットは全身麻酔の負担が大きく、麻酔事故などの危険もある

☑麻酔なしのメリットは麻酔の負担がない、デメリットは細かい部分まで綺麗に仕上がらない、犬が暴れると怪我をする危険がある、一度で終わることができず複数回行わなくてはならない

☑トリミングサロンなどでの歯石除去費用は、コースのオプションとして設定されている場合は1.000~3.000円程、一般的には5.000~20.000円程

☑内容は麻酔なしの手作業によるスケーリングで、細かいところまできれいに仕上がらない、怪我をする恐れがある、複数回かかると言うデメリットがある

☑犬の歯石除去はペット保険の適用になる場合とならない場合があるので確認が必要

リスクのある歯石の処置を避けるためには、毎日の口内ケアが重要です。

また歯石除去を行った後もしっかりとケアする必要があります。

犬の健康を守るためにも、口内ケアの重要性をしっかりと認識するようにしましょう。

>>犬の歯石を取る方法!自宅で出来る方法や病院の費用についてはこちら

犬の歯石を取る方法!自宅で出来る方法や病院の費用について

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 歯石 値段

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬が骨折した場合のプレート法について。費用やメリット・デメリットは!?

  • 犬も汗をかく!?汗をかく場所はどこ!?

  • 犬の涙やけ改善におすすめのドックフード11選!

  • 犬の涙やけ!取り方や改善する方法について

  • 犬の歯石を取る方法!自宅で出来る方法や病院の費用について

  • 犬にノミがついた時の5つの駆除方法と6つの予防法とは!?