1. TOP
  2. しぐさ・行動
  3. 犬がトイレを我慢する時の原因と対策方法について

犬がトイレを我慢する時の原因と対策方法について

犬 トイレ 我慢

室内犬、室外犬どちらであっても、散歩の時にしか排泄しないという犬が多いそうです。

しかし、長時間留守番をさせる時など、トイレを我慢させなくてはならないので心配になると言う方も多いようです。

また、散歩中にしか排泄しない犬は、室内にトイレを設置しても我慢して使用しないことが多いと言われています。

一体なぜ犬はトイレを我慢するのでしょうか?

そこで今回の記事では、犬がトイレを我慢する原因と対策法について説明したいと思います。


犬がトイレをしない、我慢する理由は!?

犬 トイレ 我慢 (2)

犬を飼い始めた時に、まず初めにトイレの場所を覚えさせる必要があると言われています。

飼い主にとってはすぐに覚えて欲しい事ですが、厳しくしつけたり、粗相があった場合に強く怒ったりすると、犬はトイレを我慢してしまうことがあるそうです。

また、室内飼いの場合でも外でしか排泄しない犬も多いそうですが、これは初めに強く叱られた経験から、室内ではトイレをしてはいけないと認識しているためだと言われています。

人間の立場から考えると、室内のトイレ以外ではしてはいけないというのは簡単にわかることですが、犬の場合なぜいけないのかわからない場合が多いようです。

そのため、室内で粗相をして叱られたことで、室内ではどこであってもトイレをしてはいけないと思い込んでしまっていると考えられています。

また、トイレトレーニングがしっかりとできていた場合でも、何らかの原因でトイレを使用しなくなり、結果としてトイレを我慢してしまうことがあるそうです。

これは室内のトイレやトイレの周囲、生活環境などに何か変化が合った場合に多く見られるそうです。

例としては、引越し、リフォーム、トイレの場所を変えた、トイレの周りを模様替えした、トイレ用具を変更したなどが挙げられます。

トイレは犬が無防備になる場所ですので、ほんの些細な変化であっても受け入れないことがあるそうです。

犬がトイレを我慢できる時間は!?

犬がトイレを我慢できるのは、約12時間と言われています。

ただし、これは健康な成犬の場合で、子犬、シニア犬、持病のある犬などは成犬よりも我慢できる時間は短いそうです。

このように犬が長い時間トイレを我慢できるのは、野生で生活していたころの名残だと言われています。

野生の犬が排泄することは、自分の匂いを残すことになり敵に居場所を知られてしまう危険がある、また、敵に追われて身を隠すときに長い時間その場を動けない、などの理由から長い時間我慢できるようになったと考えられています。

スポンサードリンク

犬がトイレを我慢するのは良くない!

犬が長い時間トイレを我慢できるからと言って、普段の生活で我慢させる必要はないですし、むやみに我慢を強いると病気を引き起こすこともあるそうです。

特に腎臓、膀胱、尿道などに悪影響があると言われています。

また、トイレを我慢することが犬にとって強いストレスとなり、病気を引き起こすこともあるそうです。

犬がトイレを我慢する時の対策法

犬 トイレ 我慢 (3)

犬がトイレを我慢するようになってしまった場合、病気になる前に早めに対処することが大切です。

トイレトレーニングをする

犬がトイレをするように促すには、音を利用したトレーニングが効果的だと言われています。

音を合図としてトイレをすることができれば、どんな場所であっても我慢させることが無くなるそうです。

そして、音の合図に使用する道具として代表的なものがクリッカーという道具で、様々なトレーニングに使用されているそうです。

クリッカーの他にも携帯しやすく、すぐに一定の音が出せるものであれば問題なく使用できるそうです。

トイレのために外に出す

犬にトイレを我慢させないためには、トイレトレーニングをして室内で排泄させるのが一番良いですが、犬の性格、年齢などによっては難しい場合もあるそうです。

そういった場合には、散歩のとき以外にトイレのためだけに外に連れ出してあげると良いそうです。

散歩と散歩の間や就寝前、留守番させる直前などにトイレを済ませておけば、長時間我慢させずに済みます。

特に、子犬やシニア犬などは我慢できる時間が短いので、こまめにトイレに連れ出すようにしましょう。

スポンサードリンク

犬がトイレを我慢する事で起こる可能性がある病気

犬 トイレ 我慢 (4)

犬も人間と同じように、トイレを我慢しすぎることで膀胱炎を引き起こす可能性があるそうです。

膀胱炎は細菌に感染することによって発症するため、菌が溜まった尿を長時間出さずにいると膀胱内で菌が繁殖し、膀胱炎を発症してしまうと言われています。

また膀胱炎は、一度発症すると再発しやすく、何度も繰り返してしまうことも多いそうです。

膀胱炎を予防するには、犬にトイレを我慢させないことが大切ですが、犬の尿がいつもと違う、頻尿、尿量が少ない、血尿などが見られた場合は、早めに動物病院へ相談するようにしましょう。

まとめ

犬 トイレ 我慢 (5)

犬がトイレを我慢してしまうのは、様々な理由があるようです。

しかし我慢することによって、病気になってしまうことがありますので、できるだけ我慢せずに排泄できるよう対処することが大切です。

室内で排泄できるようにトイレトレーニングするのが一番ですが、習慣を変えるのはなかなか難しいですから、散歩以外にこまめにトイレの時間を設け外で排泄させると良いでしょう。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

☑犬がトイレを我慢するのは、室内でトイレをしてはいけないと認識していることが多い

☑トイレの環境などが気に入らない場合にも、我慢することがある

☑犬がトイレを我慢できるのは成犬で約12時間、子犬やシニア犬はもっと短い

☑トイレを我慢しすぎると、病気になる恐れがある

☑トイレを我慢させないためには、音を使ったトイレトレーニングが効果がある

☑トイレトレーニングができない場合は、散歩以外にトイレの時間を設ける

☑犬がトイレを我慢しすぎると、膀胱炎になる可能性がある

犬は自分で外に出てトイレに行くことはできないですから、飼い主が犬の様子を見て対処することが重要です。

犬の健康のためにも、しっかりと管理するようにしましょう。

>>トイレを我慢させない為に!犬の六つのトイレサイン!しっかり把握しよう!についてはこちら

犬の6つのトイレサイン!しっかり把握しよう!     

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 トイレ 我慢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬と猫の飼いやすさを比較!初めて飼うのにオススメなのはどっち?   

  • 犬のしゃっくりの5つの原因や止める方法について

  • 犬も汗をかく!?汗をかく場所はどこ!?

  • 犬の寝言の原因は何!?いびきは病気かも!?

  • 犬の平均のトイレの回数は?飼い方や年齢別に見てみよう!

  • 犬が遠吠えをする7つの意味や辞めさせる方法について