1. TOP
  2. 種類
  3. 犬の血液型の種類や性格との関係性について!輸血の時はどうする!?

犬の血液型の種類や性格との関係性について!輸血の時はどうする!?

種類
この記事は約 6 分で読めます。
犬 血液型 種類

犬の血液型は、人間の血液型よりもはるかに種類が多く複雑だと言われています。

そのため、人間のように血液型によって性格が変わるようなことはあまり言われていないようです。

実際に犬の血液型と性格は関係があるのでしょうか?

また、複雑な血液型の犬は輸血をどうやって行うのでしょうか?

疑問な点も多いと思います。

そこで今回の記事では、犬の血液型の種類や性格との関係性、輸血の注意点について説明したいと思います。


 犬の血液型の特徴について

犬 血液型 種類 (2)

人間と同じように犬にも血液型がありますが、犬の血液型は人間とは異なる分類方法で分けられるそうです。

人間の血液型はA型、B型、O型、AB型の4種類の内1人1種類しかありませんが、犬は赤血球についてくるさまざまな抗原が存在するかしないかで分けられるとされています。

  犬の血液型の種類は何種類あるの!?

犬 血液型 種類 (3)

人間の血液型は4種類しかありませんが、犬の血液型は10種類以上あると言われています。

また、現在でも研究が続いており、種類が増えつつあるそうです。

現在、国際的に認められている血液型分類はDEA型(DogErythrocyteAntigen=イヌ赤血球抗原)で分類され、13種類あるとされています。

極端に個体数が少ないものを除き、主にDEA1.1、DEA1.2、DEA3、DEA4、DEA5、DEA6、DEA7、DEA8、の8種類の赤血球抗原に対して、陽性か陰性かで分類するそうです。

血液型の種類で1番珍しいのは!?

犬の血液型は国際基準で8種類とされていますが、現状はまだ研究段階であり次々と新しい型が発見されていると言われています。

また人間の場合は1人につき1種類ですが、犬は1頭で複数の血液型を持つため、詳しい血液型はとても複雑で、珍しい型も多くあるようです。

ちなみにDEA方式の8種類の方の内割合が比較的少ないのは、DEA1.2型だとされています。

犬種で多い血液型ってあるの!?

前述の国際的に認知されているDEA方式ではなく、日本独自の犬の血液型表記方法(D式)によると、血液型ごとに犬種の偏りがあると言われています。

D式は抗原ではなく抗体によって血液型を分けたもので、「1.1」「1.2」「1-」と「D1」「D2」「D1D2」を組み合わせて表記されるそうです。

これによると、D1型には比較的日本犬が多く、D2型には洋犬が多いとされています。

そのため、D式で考えると犬種特有の性格によるものかもしれませんが、血液型ごとに性格の違いもあるのではないかという意見もあるそうです。

犬の血液型と性格は関係あるの!?

犬 血液型 種類 (4)

日本式の血液型表記方法(D式)の場合、血液型による性格の違いはあるようだと考えられていますが、国際的なDEA方式の場合は血液型による違いはないと言われています。

人間の場合血液型によって性格を判断することが多くありますが、DEA方式では犬の血液型は赤血球についている抗原の有無で分けられ、それによって性格が変わると言うことはないとされています。

また、人間の場合でも性格を血液型で判断するのはアジア特有だと言われています。

犬の性格は血液型によって変わることはなく、犬種や飼育環境、しつけなどの影響が強いそうですが、生後3~12週の社会化期をどのように過ごすかが最も重要だと考えられているそうです。

>>犬の性格!性格が穏やかで優しい犬11種類をご紹介!についてはこちら

性格が穏やかで優しい犬11種類をご紹介!

愛犬の血液型の検査方法

犬 血液型 種類 (5)

犬の血液型を調べたいと言う方もいるかと思いますが、現在の日本ではDEA1.1の抗原の有無までしか調べないことが多いそうです。

このDEA1.1の抗原の有無は犬の輸血の際に必要とされる情報で、怪我や病気などで万が一輸血が必要になった場合に役立つと言われています。

検査の費用

実際に犬の血液型を調べたい方は、動物病院に相談してみると良いでしょう。

検査キットのある病院であれば、簡単に調べることができるそうです。

検査に使用する血液も少量ですので、犬に負担がかかることもないとされています。

また、検査は10分程度で結果がわかり、かかる費用は病院によって異なりますが、大体1.500円~3.000円程度だと言われています。

ただし、この検査はDEA1.1の抗原の有無を調べるだけのもので、詳しく調べたい場合はさらに外部の検査機関に委託する必要があるそうです。

その際は結果が出るまでに10日ほど時間がかかり、検査費用は10.000円前後かかると言われています。

犬の輸血が必要になった場合がどうするの!?

犬 血液型 種類 (6)

人間と同じように、犬も手術の際や病気の関係で輸血が必要になることがあると言われています。

しかし犬は複数の血液型を並存させているため、完全に一致した血液を輸血することはないそうです。

つまり、どの型にも適合する万能な血液を輸血に使用すると言うことです。

犬の輸血の注意点について

犬の輸血の際には、拒絶反応に注意しなくてはならないと言われています。

特にDEA1.1型は、最も強い抗原抗体反応を起こすとされていることから、急な輸血の際にも必ずDEA1.1型の抗原の有無だけは調べなければならないそうです。

その理由は、DEA1.1陰性の犬は、DEA1.1陽性の犬から輸血を受けることができないからだと言われています。

輸血経験がない犬の場合は問題がないことが多いそうですが、特に2回目以降は強い拒絶反応が出ることがあり、命に関わる危険性があるとされています。

逆のDEA1.1陽性の犬からDEA1.1陰性の犬に輸血する場合は問題ないと言われていますが、通常は、DEA1.1型の抗原の有無だけでなく、さらに交差適合試験(クロスマッチ)を行い、安全を確認してから輸血を行うそうです。

まとめ

犬 血液型 種類 (7)

犬の血液型は非常に複雑なため、通常は拒絶反応が出やすい型を調べておけば急な怪我や病気の際にも役立つと言われています。

また、血液型による性格の違いは、血液型の分類方法によってはあるのではないかと言う意見もあるようです。

ただし、あくまでもその傾向があると言う程度だと考えられます。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

 

☑犬の血液型は赤血球についてくる抗原の有無によって分類される

☑種類は13種類以上あるが、主に8種類に分けられる

☑犬1頭につき複数の血液型を持つ

☑日本式の分類方法によると犬種によって偏りがあると言われ、性格にも影響があると考えられている

☑犬の血液型の検査はDEA1.1型の抗原の有無のみ調べることが多い

☑検査費用は1500円~3000円、詳しく調べると10000円前後

☑DEA1.1型は強い拒絶反応を起こすことがあるため輸血には注意が必要

 

犬は人間のように血液型によって性格が分類されるようなことはあまりないようです。

また、必要なのは輸血の際に注意が必要なDEA1.1型の抗原の有無だけなようですから、無理に詳しい血液型を調べる必要はないそうです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 血液型 種類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 大型犬のおすすめの種類ランキング12選と世界の超大型な犬種8選!

  • 小型犬・中型犬・大型犬の大きさの基準は!?

  • 犬を飼いたい方へ!自分にあった犬の種類の選び方をご紹介!

  • 初心者におすすめ!飼いやすい小型犬11選!

  • 初心者でも飼いやすい!人気の中型犬16選!

  • 犬の臭いは犬種によって違う!臭いやすい犬種とは?