1. TOP
  2. お手入れ
  3. 犬の涙やけ!取り方や改善する方法について

犬の涙やけ!取り方や改善する方法について

お手入れ
この記事は約 7 分で読めます。
犬 涙やけ 取り方

犬の目の周りが変色してしまう涙やけは、目立つ症状のため早く治してあげたいと思う飼い主の方が多いそうです。

しかし、涙やけには様々な原因が考えられているため、何が原因なのかをしっかりと確認することが大切です。

そこで今回の記事では、犬の涙やけの取り方や改善方法について説明したいと思います。


犬の涙やけの症状とは!?

犬 涙やけ 症状

犬の涙やけは正式名称を流涙症と言い、必要以上の涙によって目の下の被毛が変色したり、細菌感染、皮膚病などが起こる症状を指すそうです。

通常涙は目の表面を常に流れ、目頭にある鼻涙管を通って喉の方へ落ちていくと言われています。

この涙の流れに何らかの原因で異常が起こり、涙が外にあふれ出てしまい、前述のような症状が起こることを流涙症と呼ぶそうです。

犬の涙やけの原因を知ろう!

犬 涙やけ 原因

犬の涙やけには食べ物によるもの、年齢によるもの、病気によるものなど様々な原因が考えられています。

フードによるもの

犬の涙やけの原因として最も多いのが、毎日与えているドッグフードによるものだと言われています。

ドッグフードの品質が悪い、保管状態が悪く酸化している、フードの原材料に対してアレルギー反応を起こしているなどと言うような場合に、涙やけの症状が見られることが多いそうです。

>>自分の愛犬に合うフードの選び方についてはこちら♪

ドックフードがあってない?見極め方や適切な選び方について

老化によるもの

犬はシニア期に入ると、加齢のため涙の分泌量を上手くコントロールすることができなくなるそうです。

そのため溢れた涙によって目の周りの被毛が濡れている時間が長くなり、そこに細菌が増殖することで涙やけが起こると言われています。

目に異物が入っているため

犬は目に何らかの異物が入ることで、涙が大量に出てしまい涙やけの原因になることがあると言われています。

この場合、目に被毛が入っている、逆さまつ毛のためまつ毛が常に眼球を刺激しているなどが考えられるそうです。

それまで以上が見られなかったのにも関わらず、急激に涙の量が増えた場合は、目に何か異物が入っていないかなどをよく確認し、涙が止まらない時には動物病院を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

目の炎症によるもの

犬の涙やけは、結膜炎、角膜炎、眼瞼炎など目に炎症が起こっている場合にも起こるそうです。

目に炎症が起こると必要以上に涙が出てしまい、その排出が間に合わないため涙やけになりやすいと言われています。

鼻涙管の異常によるもの

人間と同じように、犬も目と鼻が鼻涙管と言う管で繋がっているそうです。

通常は、涙はこの鼻涙管を通り鼻に流れますが、何らかの原因によって鼻涙管が詰まると涙が鼻に流れることができず外に溢れてしまうため、目の周囲が常に濡れた状態になり涙やけの原因になると言われています。

犬の涙やけの取り方、対策法について

犬 涙やけ 対策

犬の涙やけを改善するには、原因を特定することが大切です。

普段の犬の様子や生活環境をよく観察し原因をしっかりと見極めましょう。

動物病院に行く

犬に涙やけが見られる場合、まず体に異常が無いかを動物病院を受診し確認することが大切です。

その症状によっては治療が必要な場合もあると言われています。

特に鼻涙管に異常が見られた場合、麻酔下での処置が必要になることがあるそうです。

また、逆さまつ毛が見られた場合は、獣医師がその場で抜いてくれることが多く、目の炎症が見られる場合には、点眼薬が処方されることが多いそうです。

水分を摂取させる

犬は体内の水分が不足すると代謝が悪くなり、水分が尿として排出されなくなるため、涙の量が増えることがあると言われています。

常に新鮮な水が飲める状態を保つことが大切ですが、普段からあまり水を飲まない場合には、ウエットフードや手作りフードなど水分が多めのフードに変更すると良いそうです。

また、犬用のミルクやヤギミルクなどをおやつ代わりに与えるのも良いですが、カロリーオーバーにならないよう与える量に注意しましょう。

フードを変える

犬に与えているフードを変更してから、涙やけが見られるようになったという場合は、フードを元に戻す、もしくはさらに変更するようにしましょう。

涙やけはフードが原因のことが多いため、フードを変更する際には注意が必要です。

マッサージをして代謝を上げる

涙やけは代謝が低下することで、起こりやすくなると言われています。

そのため、全身をマッサージすることで血行や代謝を促進すると効果があるそうです。

また、飼い主とのスキンシップにもなり、リラックス効果もあるとされています。

定期的にシャンプーやお手入れをする

涙やけは、目の周りの被毛に涙が大量に付着した状態を放置することで細菌が繁殖するため、被毛が茶色くなってしまうと言われています。

そのため、毎日目の周りの汚れをふき取るケアを行い、さらに定期的なシャンプー、トリミングを行い被毛を清潔に保つことが大切です。

サプリメントを活用する

犬の涙やけは腸内環境の悪化が原因だとも言われています。

そのため、犬の腸内環境を改善させることが大切です。

フードを変更することでも改善すると言われていますが、こだわりの強い犬などはフードを食べなくなってしまうこともあるそうですので、その場合はフードを変更する前に腸内環境を改善するサプリメントを与えて見ると良いそうです。

スポンサードリンク

ホウ酸水を含んだコットンで吹く

犬の涙やけには、手作りのホウ酸水でケアすることも効果があるそうです。

ホウ酸水の作り方は、薬局で販売されているホウ酸3g60℃位に温めた精製水150mlを加えれば完成です。

ホウ酸水の濃度は必ず2%以下、衛星安全上2週間以内に使い切るようにしましょう。

上記のように、ホウ酸水の作り方は簡単ですが、濃度や保存期間に注意が必要で、間違った使い方をすると症状が悪化することがあると言われています。

取り扱いに注意が必要ですので、自信のない方は避けたほうが良いでしょう。

犬用の化粧水を使用する

犬の涙やけを改善する手軽な方法として、犬用の化粧水でケアする方法があるそうです。

犬用の化粧水は目の周りだけでなく全身に使用できるため、乾燥やアレルギーにも効果があると言われています。

様々な種類が販売されていますので、愛犬に合いそうなものを試してみると良いでしょう。

まとめ

犬 涙やけ まとめ

目の周りが赤茶色に変色してしまう涙やけは、様々な原因があるようです。

また原因は一つではなく、複数の場合もあるとされています。

まずは、動物病院で体に異常が無いか確認することが大切ですが、多くの場合食べ物が原因のことが多いそうです。

毎日与えているフードを変更することで改善することが多いようですが、フードを変更すると食べなくなってしまうことがありますので注意が必要です。

犬の様子をよく観察し、フードが変更できない場合には、サプリメントなどを試してみると良いでしょう。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

☑犬の涙やけは流涙症と呼ばれ、必要以上に涙が出ることで目の周りに涙があふれ、被毛の変色、細菌感染、皮膚病などが起こる

☑涙やけの原因はとして最も多いのが、フードによる物だと言われる

☑他には加齢による老化、目に異物や炎症がある、鼻涙管の異常が考えられる

☑涙やけを改善するには原因を知ることが大切で、まずは体に異常が無いかを動物病院で確認する

☑異常がない場合は、水分が不足して代謝が悪くなっていることがあるため水分を多く与えるようにする

☑現在与えているフードを変更すると、改善することが多いと言われる

☑マッサージをして代謝を上げる、定期的にシャンプーなどのケアをすることも大切

☑フードの変更ができない場合は、サプリメントを利用すると良い

☑手作りのホウ酸水でケアする方法もあるが、管理が大変なためおすすめしな

☑犬用化粧水を使用し、毎日ケアすると効果があると言われる

愛犬に涙やけが起こってしまった時には、何が原因なのかをよく見極めて対処するようにしましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 涙やけ 取り方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬がお風呂やお風呂後に暴れる原因と止めさせる方法とは?

  • 愛犬が水を飲まない時の水分の摂取方法について

  • リモサボンの口コミや効果は嘘?楽天やAmazonよりも安く購入する方法!

  • 犬の熱中症対策!扇風機は意味がないって本当!?

  • geleeWANアイケアは涙やけには効果なし?初回100円で健康的な目を♪

  • 犬の歯石を取る方法!自宅で出来る方法や病院の費用について