1. TOP
  2. お手入れ
  3. 子犬と成犬のお風呂の入れ方!頻度や温度、注意点は?

子犬と成犬のお風呂の入れ方!頻度や温度、注意点は?

お手入れ
この記事は約 6 分で読めます。
犬 お風呂 頻度

 犬を初めて飼う方にとって、犬をお風呂に入れるのは不安が多いことのようです。

また、犬は初めてのお風呂で嫌な思いをすると、お風呂嫌いになってしまうことがあるので、犬の嫌がることをしないよう注意が必要です。

では一体どのような点に注意してお風呂に入れると良いのでしょうか?

そこで今回の記事では、子犬と成犬のお風呂の入れ方や頻度、注意点について説明したいと思います。


犬をお風呂に入れることの必要性は!?

犬 お風呂 必要性

犬をお風呂に入れてシャンプーで洗う目的は、犬の被毛の汚れを落とすだけでなく、皮膚の健康を保つ、皮膚炎の予防と言う目的もあるそうです。

ただし、犬の皮膚は人間の2030%ほどの厚さしかなく、非常にデリケートだと言われています。

そのため、シャンプーの頻度が多すぎると皮膚を守る働きのある必要な被毛の脂分まで落とし、反対に汚れや病気を招く原因となってしまうそうです。

こう言ったことから、犬のシャンプーの頻度の目安は室内犬で月に1回、室外犬で月に2回程度が良いと考えられます。

さらに、シニア犬は体力が低下しているため、シャンプーが大きな負担になることもありますので、先ほどの目安よりもシャンプーの回数を減らしたほうが良いでしょう。

また、人間用のシャンプーは、犬の皮膚を傷めるだけでなく皮膚炎の原因にもなりますので使用しないようにしましょう。

スポンサードリンク

 子犬のお風呂の入れ方とは?

子犬 お風呂 入れ方

生れてはじめてお風呂に入る子犬と成犬ではお風呂の入れ方が異なり、子犬はお風呂場で洗面器などを湯船に見立てて入れるのが良いそうです。

犬はこういった初めての刺激に対し警戒することが多いため、初めはシャンプーやシャワーを使わずにお湯を軽くかける程度にして、短時間で済ませるようにしましょう。

ドライヤーで乾かす際にも、犬が怖がらないように弱い風を遠くからあてる程度が良いそうです。

初めから成犬と同じように、シャンプーでごしごし洗い、シャワーで流すと言うようなことをすると、お風呂が嫌いになってしまうことがありますので注意しましょう。

子犬をお風呂に入れるのはいつから!?

子犬は生後3か月までは軽くお湯をかけたり、浅いお湯につかる程度でお風呂に慣らすようにしましょう。

生後3か月を過ぎたら、シャンプーやシャワーを少しずつ使っていくと良いそうです。

子犬をお風呂に入れる場合の温度は?

子犬をお風呂に入れる際のお湯の温度は35℃38℃が適温だと言われています。

人間が丁度良く感じる温度では熱すぎてしまうので注意しましょう。

成犬のお風呂の入れ方は?

成犬 お風呂 入れ方

成犬をお風呂に入れる場合は、人間用のバスタブや犬用のバスタブを使用するようにしましょう。

成犬をお風呂に入れる場合の温度は?

成犬をお風呂に入れる際のお湯の温度は30℃35℃が適温だと言われています。

また、トリミングサロンなどでは25℃30℃位のことが多く、犬によって好みもあるため、愛犬が嫌がらない温度を探すと良いでしょう。

犬をお風呂に入れる頻度はどれくらい!?

犬 お風呂 入れる頻度

犬をお風呂に入れる頻度は、シャンプーをしないのであれば毎日でも良いと言われています。

シャンプーを行う頻度は、生活環境によっても異なりますが10日に1回位~1月に1回位で良いそうです。

シャンプーの頻度が多すぎると必要な被毛の脂分まで落としてしまい、皮膚炎などの原因になることもありますので注意しましょう。

>>犬のシャンプー嫌いを克服させる方法についてはこちら

犬がシャンプー嫌いを克服させる方法や原因について

スポンサードリンク

 犬をお風呂に入れる際の注意点は!?

犬 お風呂 注意点

犬をお風呂に入れる際には、以下の点に注意が必要です。

水が耳に入らないようにする

犬の顔付近にお湯をかける時は、目や耳に水が入らないように慎重に行うようにしましょう。

特にシャンプー剤などが目に入ると痛みを感じ、お風呂が怖くなってしまうこともありますし、耳に水が入ると耳の病気を引き起こすこともあるそうです。

 温度に注意する

犬は皮膚が弱いため、人間が好むお湯の温度では熱すぎてしまうと言われています。

35℃前後が望ましいと言われていますが、季節や犬の好みによっても異なりますので、愛犬が嫌がらない温度を見つけてあげると良いでしょう。

シャンプーをしすぎないようにする

前述のように、犬のシャンプーの頻度が多すぎると、被毛の必要な脂分まで落としてしまい、かえって皮膚を傷める原因となると言われています。

そのため、シャンプーの頻度は10日に1回位~1月に1回位とし、汚れなどが気になるようであればお湯だけで洗う、汚れをふき取るなどで対処すると良いでしょう。

長湯をしすぎないようにする

犬をお風呂に入れる際は、犬のストレスを最小限にするため手早く済ませ、長湯をさせないようにすることが大切です。

また、子犬は体温調節が上手くできないため、10分程度で済ませるようにしましょう。

まとめ

犬 お風呂 まとめ

成犬になってからお風呂に入れようとすると、怖がって暴れる犬も多いと言われています。

そのため、子犬の頃からお風呂に慣れさせておくとスムーズにシャンプーを行うことができて良いそうです。

シャンプーは病気の予防にもなりますので、犬にストレスを与えることなく行えるようにしてあげましょう。

それではここで、今回の記事をおさらいしたいと思います。

☑犬をお風呂に入れる目的は,被毛の汚れを落とすだけでなく、皮膚の健康を保つ、皮膚炎の予防と言う目的もある

☑子犬をお風呂に入れる際は、初めはシャンプーやシャワーを使わずにお湯を軽くかける程度にし、短時間で済ませる

☑生後3か月過ぎたころから、徐々にシャンプーやシャワーを使用する

☑子犬をお風呂に入れる際のお湯の温度は35℃38℃位が適温

☑成犬をお風呂に入れる際のお湯の温度は30℃35℃位が適温

☑犬をお風呂に入れる頻度は、10日に1回位~1月に1回位で良い

☑シャンプーの頻度が多すぎると必要な被毛の脂分まで落としてしまい、皮膚炎などの原因になることもある

☑犬をお風呂に入れる際には、目や耳に水が入らないようにする、温度に注意、シャンプーをし過ぎないようにする、長湯をしないという点に注意する

お風呂は犬の健康を保つためにも大切ですから、お風呂嫌いな犬にならないように子犬の頃から気を付けましょう。

>>犬の散歩後の足の汚れを落とす方法や洗い方についてはこちら

犬の散歩後の足の汚れ落とし!正しく洗う方法知ってますか!?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんラボの注目記事を受け取ろう

犬 お風呂 頻度

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんラボ編集部

おすすめ関連記事♪

  • 犬の涙やけ!取り方や改善する方法について

  • リモサボンの口コミや効果は嘘?楽天やAmazonよりも安く購入する方法!

  • 犬の歯石を取る方法!自宅で出来る方法や病院の費用について

  • 犬はトリミングでストレスを感じやすい!?対策方法は?

  • 犬の涙やけ改善におすすめのドックフード11選!

  • 犬の肉球は乾燥する!?簡単なケア方法をご紹介!